ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

銀座三河屋 煎酒

甲斐みのりさんの本を眺めていたら、おいしそうなだし汁に目がとまりました。
銀座三河屋 煎酒(いりざけ)。

f:id:naomilife:20171211162700j:plain

うすい色味からあっさり薄味を想像しますが、梅干が使われているからかきりっと濃厚で、すこしとろりとしています。
これまでかつおだし、あごだしなど魚を使っただしはパックでよく利用していましたが梅干が使われているだしは初めて。
梅干ならばクエン酸が含まれているなと疲労回復も期待したりして。

たまごがゆ、湯豆腐、豚しゃぶ、かつおのたたきにならばそのままかけて。
ほかにも、たこめし、和風パスタ、うどんなどなど。
使いたくなる献立がどんどん思い浮かぶ素敵な調味料に出会いました。

小サイズ(300ml)は700円、大サイズ(600ml)は1200円。お得な大サイズに手が伸びてしまいましたが、すぐに使いきれる小サイズで新鮮な風味を楽しむ選択ができる大人になりたいものです。

甘香果

ものすごくおいしいみかんを食べました!

「甘香果(あまかっか)」宮崎県産のみかんです。
ものすごーく甘くて、薄皮も白いすじも本当にやわらかい。朝、ビタミン補給のためと急いで食べるのではなくて、夜、すべての家事が終わってからゆっくりお茶を用意して食べたくなるようなそんなみかんです。1袋300円で破格でした。多分もうこの値段では食べられない、いや、そもそもまた出会えるかどうか。。

f:id:naomilife:20171207123749j:plain


と思ったら、、楽天で出会えた!


マリメッコ Metro

クリスマスプレゼントに、マリメッコのMetroを買ってもらいました。(バッグがひとつ増えました・・・むーん)

長年社会人をやっていて思うのは、やっぱり日常使いのバッグに必要なのは軽さ!そして雨に濡れてもいいという気軽さ!だなという結論。ロンシャンのナイロンのル プリアージュを使う人が多いのも納得です。(あれは流行りというよりももはや世界中のOLの定番って感じですね!わたしももちろん持っとります・・・香港でも所持率高かったなぁ)

きっとマリメッコのリュックを持っている人ならばBuddyにするかMetroにするか猛烈に悩んだことでしょう・・30代なかばの主婦としてはMetroにして正解だったなと思っています。

買いに行った時点ではBuddyのことしか頭にありませんでした。肩紐にカラビナがついているところも、反射材がついているところも、大きさも、全部いいなと思っていて。たまたまMetroがとなりにあって背負ってみたところ、旦那さんがMetroの方がすっきりして大人っぽくていいんじゃない?とこちらの決意を惑わせることを言ってきたのです。

・Metroの方がサイズが小さく、カラビナや反射材がついていない分大人っぽい雰囲気
・内ポケットが豊富(パソコンスリーブ、ふたの裏側のメッシュポケット、普通の内ポケット)
・外ポケットももちろんあり(背中側に小さめ2つ、両サイドに1つずつ)

Buddyは内ポケットのかわりに外に大き目のポケットがもうひとつついています。(メッシュポケットはあるけど、パソコンスリーブはついていないようです)使い道を考えたときに、外ポケットにきっとお財布や鍵を入れたくなってしまうのだろうなと思うと防犯上ちょっと不安・・(特に海外旅行のときとか)
この「内ポケット問題(?)」が決め手となり、わたしはMetroを選びました。

通勤にはお弁当、文庫本、ポーチ2つ、お財布、筆箱、そして携帯と定期入れを入れていますが、これにプラスしてマフラーや手袋、折り畳み傘まで入れることができて、心配していた容量面でも余裕でした。
Buddyだと相当荷物が有る人じゃないと、あのかわいい形を保てないかも・・

いいクリスマスプレゼントをもらいました♪

f:id:naomilife:20171201125718j:plain

一週間を楽にしのげる!魔法の料理

昨日のつづき。
一週間を楽にしのげる魔法の料理。それは満足度の高いスープです。野菜はもちろんたっぷり。お味噌汁ならばお肉を入れて(豚汁がベスト!鶏もも肉+レタスも美味しい)。洋風のスープならばベーコンのほかにもお豆を入れたりして満足度を上げています。我が家では日曜日に作って木曜日くらいまで、毎日きちんと火を通し、食べた後は冷蔵庫に入れて保存しています。
これに、あったかいごはんと何かおかずがあればなんとかなるし、ひとりならばスープとチーズ、それにワインでもあれば大満足です。

そして最近新たにレパートリーに加わったのがポタージュスープ。じゃがいも、にんじん、かぶなどなど・・ポタージュの素をたくさんつくって冷凍しておけば毎日違う味が楽しめるし、定番の豚汁やスープに飽きた時に変化もつけられます。
普通の作り置き料理と違うのは野菜を切って、炒めて、ことこと煮て、粗熱が取れたらハンディブレンダーでつぶすだけでよいという単純な手順と使う道具の少なさかな。
夏は冷製スープにもなるし、一年中活躍しそう!

f:id:naomilife:20171122162812j:plain
にんじんとかぶのポタージュ作り中。

f:id:naomilife:20171122163858j:plain
できあがり。粗めに潰すか、なめらかにするか、それが問題だ!


今年の冬はこの本に頼ろう!と思うのでした。
家にある材料だけで作れるレシピが載っている本は、なかなか貴重で、信頼度が高まるのです。「ブーケガルニ」とか言われると急に興味を失ってしまう。

アンチつくりおき!

世の中には「作り置き」のレシピ本はこれでもか!と売られているけれど、わたしはアンチ作り置きなのです。
作りたてを家族に食べてほしいから、とかそういうかわいい理由ではありません。単純に、作り置きを作ること自体が疲れるから。

作って冷凍するだけ!平日がものすごくらくちん!!料理の時間が短縮できて家族との時間が増えた!とか作り置き礼賛タイトルのレシピ本を見ると「兼業主婦たるもの作り置きくらいせねば」という気分になってきてしまうのですよね。毎日毎日疲れたとか言ってるけど疲れないようにするために作り置きという方法があるのにそれもやっていないくせに、疲れたとか言ってるんじゃないよ、みたいな。(被害妄想。。)でもさ、結局作るのはわたしじゃないですか?大事な休日に何時間もかけて、買出しして作って、5種類くらい作り終わる頃にはもうぐったり・・しかもこんなにがんばって作ったのにそれは「作り置き」であって今日の夕食じゃないんですよ。だからもう疲れ果ててるのに夜ごはんのことも考えないといけないんなんて拷問なのですよ。「楽」「簡単」「節約」と魅力的な文字ばかりを並べて主婦を最大限まで働かせる世の中の凶悪な陰謀かなにかかと思ってしまうわ・・(被害妄想。。)

という、多分あまり共感されないであろう理由からアンチ作り置きなのです。でも毎日毎日イチから料理を作るのは無理・・!ということで冬の間は魔法の料理で一週間をしのぐのです。その話はまた次回に。

湯船での乾燥問題!

暑い時期はあまり湯船に浸かりません。本当は浸かったほうがいいのでしょうね・・実家が1年中シャワーだったので、湯船に浸かるようになったのは結婚してからのことなのです。(なんと!)

湯船につかって、毎年飽きもせず香菜子さんや内田彩仍さんの本を眺めています。2冊しか持ってないのでこればっかり。我ながらよく飽きないものです。


ところで湯船に浸かっていると顔が乾燥するのはわたしだけでしょうか・・5分くらい経つと、自分でもわかるくらい乾燥して、次の日は肌の細胞が水不足でたるんでいるような気がする。。そこで始めたのが湯船前のオイルです。
湯船につかったらすぐに、大好きなACURE ORGANICSを両手にワンプッシュし両手で顔全体を覆って深呼吸。なんといいにおい!
お風呂から上がる前にはなんとなく汗をかいている気がして、最後洗い流しちゃうのでもったいなくもあるのだけど、自分の肌はプライスレスだもん。
効果は、抜群です。

naomilife.hatenadiary.jp

持っている服の枚数へのこだわりがなくなった

服の整理を始めたころ、枚数を減らすことがとても魅力的に思えました。
枚数を1枚減らすごとに身軽になれる気がしたし、自分の憧れている生活に近づける気がしてた。

でも、気に入った服だけを持つようになると(それはつまりこういう色もいいかもって思って、はやりに流されて買ったり、たまには短いスカートを履いて女っぷりあげるチャレンジでもしようかしらと思いついて買ったりすることがなくなること)数はあまり気にならなくなりました。
例えば、本当に大好きな無印良品のジャパンデニムは家(+近所)用と外出用でまったく同じものを2枚持っているし。
そんなに気に入っている服を、ぎゅうぎゅうにつまったクローゼットに押し込むのは嫌だから、必然的に数を整理する必要が出てくるし。数よりも、活用していない服がないかのほうが気になるようになりました。

全部をフル活用できていれば、そもそもそんなに枚数が必要ない、ということになるのですよね。

そういえば最近、ちょっと考え方が変わったんだなぁ、とふと気づきました。