ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

長距離通勤⇨自転車通勤

長距離通勤をやめて5ヶ月が過ぎようとしています。
今は自転車通勤で、通勤時間も、片道1時間半かかっていたところが30分になりました。
風や太陽の光、咲いている花で季節を感じながらの通勤は本当に贅沢です。
自分はそもそも働くのも家事も嫌いなどうしようもないやつだと思っていたけど、
そうではなくて通勤が嫌なだけだったのだと気づきました。
それと、長距離通勤に耐えた後で待ち構えている大量の家事。
働くのも家事も別に嫌いじゃなかった。

満員電車の、乗っている人たちみんなの不満が充満している空気とか、
電車に乗り遅れまいと混んでいる駅の中を無理に急いだりとか、
頑張っていつもより早めに家を出て乗った電車が結局途中で止まっていつもより到着が遅くなった時のがっくり感とか、
やっとの思いで家に着いた途端目にはいる汚れた窓ガラスや溜まったホコリとか(そして「掃除しなくちゃ」と思わなきゃいけないところとか)、
そういう悲しいものに自分は耐えられるメンタルの強さがなかったのだと思います。
と言うか世の中みんなが長距離通勤なんて不合理なものをしないで済むようになればいいのに・・
はっきり言ってよっぽど協力してくれる人がいなきゃ、女性にはフルタイムでの労働+長距離通勤はムリだよ!
女性活躍社会はいいけれど、活躍するために社会に出た後に残される家事は一体誰がやると思っているのでしょう・・
(もちろん、私たちのように100対0で家事を女性が分担しているような状況の場合ですが。)

時間も体力も精神的にも限界なのに、今の会社を辞められない。いったん正社員の道から外れたら、もう戻れなさそう。
こんなに人に恵まれた環境の職場にはもう出会えないだろう。
次の職場、休み取れなかったらどうしよう。
いろんな不安が積み重なって、結局身動きが取れず次に進めない世の中に本当に窮屈だ。
こんな時、ベーシックインカムと言う制度があれば、もう少し自由に自分の人生を設計できるのになぁ・・なんて思ってしまいます。なんか話がずれちゃったけど。

あ、旦那さんの擁護をしておくと、旦那さんは家事の能力はゼロですが、その分仕事を頑張るタイプなので
仕事バリバリよりも家事をしっかりして、働く旦那さんにいい環境を作りたい思いの強い私とはちょうど良いのです。

長距離通勤辞めました!

ついに、やっと、決断して長距離通勤を辞めました。というか、今の会社を辞めることになりました。
女性も社会に出てじゃんじゃん働きましょう、活躍しましょう、という風潮は良いと思うし、昔の人からしたらとても羨ましい風潮だと思うのだけど、それが実現できるのは家事の優先順位を下げられたり、男性や家族がきちんと「自分の担当」として家事を分担できている場合に限ると思っています。そこの課題を残したまま「さあ女性よ!社会に出て働こう!管理職を目指せ!」って言われても・・わたしには、死ぬまで馬車馬のように働きまくれと言っているようにしか思えませんでした。。そして世の中の女性が全員そんな働き方をしたいかというとそうでもないと思うのだけど、そういう風にぐいぐいこられちゃうと働かない(働けない)自分=ダメな人間→自分のことをダメな人間と思いたくないから無理する、というループにはまる人だって私以外にもたくさんいるのではないかなぁと思うのです。

わたしは母が専業主婦だった影響もあるのか家事はきちんとしたいし、旦那さんも言われればなんとか手伝ってくれるけどあくまでも手伝いの域を出ない範囲なので、本当に辛かった。それに加えて、毎日往復3時間の通勤を4年間もよく頑張りました!という気分です。良い会社に勤めているのは自覚していたので辞めない道を選択できればよかったのですが・・

ワークライフバランスは、自分で守らねば。

THREE リリカルリップブルーム06

コンタクトレンズのシードのCMのナレーションが大好きです。

わたしたちは
かわいくなりたいんじゃない。
自分を好きになりたくて
一生懸命なんだ。


このフレーズのおかげかどうかわからないけれど、久しぶりに「よーし、かわいくなるぞ!」というやる気に満ちています。楽しい。

THREE リリカルリップブルーム 06 SONG OF LIGHT

f:id:naomilife:20180131143434j:plain

人生で初めてこんなに色のついたリップを買いました。顔立ちがわりとはっきりしているタイプなので色を使うと派手派手おばさんになってしまうかと先入観を持っていたけれど全くそんなことはなかったし、休みの日などはファンデーションとこれ、そしてビューラーでまつげを上げるだけでちょっといい気持ちで過ごせるかな、なんて思っています。

グロスっぽい軽さなのに色づきはマットで、それなのに口紅みたいに「つけてますよ」という主張がないところが気に入って購入を決めました。もともと、何かリップがほしいなと思っていたわけではなくて、デパートで旦那さんの用事を待っているときにたまたま手にして試してみたのがきっかけなのだから不思議なものです。

www.threecosmetics.com

お風呂掃除はもっと楽になる!

お風呂そうじは、嫌いな家事のひとつでした。ちょっとするとすぐに水垢や垢でザラザラになるし、凹凸があるところは洗いにくくて、かといってこすらないとすぐにピンク色になってしまうし。
そういうわけで大改革、しました。

手放したもの
・大きくて重たく、裏面に謎の凹凸がたくさんあるイス
・シャッタータイプの風呂ふた
・前が開いていて足が濡れやすく滑りやすい掃除用サンダル

手に入れたもの
・小さくて、裏面に凹凸のないイス
・パネルタイプの風呂ふた
・足を覆うタイプでかつ滑りにくい掃除用サンダル

手放したものはどれも、お風呂掃除をする際のストレスのおおもとでした。
とくにシャッタータイプの風呂ふたは、一度ゴム部分に色がつくと落ちないので、いくらこすっても元通りにはならなくて、毎回泣きそうになりながら掃除をしていました(笑)。がんばってもきれいにならないって掃除をするモチベーションを保つ上で致命的なマイナス点。
そして手放した3点に共通していたのはどれも値段が安かったこと。例えば手放したイス1000円ちょっと。一方、今回購入したのは3,500円ほど。節約のために安いほうを買う、ちょっとの不便があっても我慢する、なんて思っても、長い目で見れば数千円の差であんなにも不便で不快な思いをするならばちっとも節約になっていなかったな。。
風呂蓋もサンダルも、倍近く値段は違いましたが、これらを買い換えたことで、お風呂掃除に対する意識も「ちょっと時間あるからやっちゃおうか!」に変わりました。

道具を買うことは生活を作ることなのだなと改めて思いました。今後生活道具を買うときも服を買うときと同じようにひとつひとつ大切に吟味してこれだ!と思うものを手に入れたいと思います。ふふふ、買いものがますます楽しくなるなぁ。


↓わたしのお風呂掃除を救った道具たち↓


裏面に凸凹が全くなく、さらに透明なところも気に入ってこちらにしました。



まっすぐな面を洗うのってこんなに楽だったんだ!と初めて使ったときは感動でした。



お風呂掃除で靴下が濡れない、滑らないって快適ですね。小さな不快の集まりが大きなストレスを与えるのですね・・

【手に入れたもの・手放したもの】コンタクトレンズ

今年は積極的に、必要のないことをやめたり、小さなことでも生活が楽になるような改善をしたりしたいなと思っています。
モノを減らす、はできていると思っていたけれど、先週北欧の家族の家を見て全然できていないと身につまされました。広くても広くなくても、無駄なものが外に出ていない。「モノを移動しただけで片付けたと思うな」と言いますが、私の場合まさにそれです・・そっちも頑張ろう。

ということで今年やめたこと・新しく取り入れたことの1つ目

手に入れたもの:1Dayのコンタクトレンズ
手放したもの:2Weekのコンタクトレンズ

1Dayはやっぱり高いです。年間で約5万円、2Weekだと年間1万5千円程度だものね。。ただ、遺伝的に(?)目の健康には人一倍気を遣わなければならない部分があり、今までごまかしてきたけれどようやく1Dayに切り替えました。

朝(装着時)は、パッケージから出して裏表確認して、そして装着するので2Weekと手間は余り変わりませんが(ケースを洗わなくていいのは楽)、夜は帰宅して手を洗った流れでそのまま外して捨ててしまえばいいので相当に楽です。2週間を過ぎても使い続けてレンズが汚れているとか、そういうリスクとは無縁なので保険の意味でも1Dayを使うのはいいことなのかもしれないな。

2018年、明るくね。

ブログを読んだり、Web上の記事を読むとき、
やっぱり、明るいほうが自分の気持ちも明るくなる。
暗くても「暗いのになんだか前向き」っていう雰囲気があるのも好き。

自分の記事を読んで、誰かがそんな気持ちになってくれたらいいなーと思うけど
現実はちょくちょく小さな武器が飛んできて、なかなかそういう文章をかけない。

『This Is US』、というドラマを観ています。
後から「えっ、このシーンにこんな裏があったんだ、、だからこういうセリフになったんだね」と物語の裏側が見えることがあります。
現実も同じで自分以外の全員が、幸せで充実してる人生を送っているはずがない。
ただここで、「私にはしてこなかった努力をみんなしてきたのだ」とか考え始めちゃうと負のスパイラルが始まってしまうから思考ストップしましょう。

できれば君も私のようにいつか年老いた時に、自分の経験を若者に語ってくれると良いなと思うよ。
人生が君という人間に与えた最も酸っぱいレモンで何とかレモネードを作った経験を。

このドラマの核となる、本当に素敵な言葉。

2017年の服購入記録

あけましておめでとうございます。
昨年は被服費の支出を10万円以内に納めるのを、実は目標にしていました。買うごとに記録はしていましたが、多少抜けがあるような気もしています・・
写真がなくただのリストになってしまいました。つまらなくてすみません。

今年買った服:約20着
今年買った靴:3足
合計金額:約13万円

買った服・靴リスト

2月 無印良品 IDEE いろいろの服リネンTシャツ ネイビー&グレー 3,629円×2=7,258円
2月 アーバンリサーチドアーズ コーデュロイワイドパンツ 5,832円
2月 ジャーナルスタンダード(GLADD)  コットンワイドパンツ   3,800円
2月 パラスパレス(アウトレット) ベージュギャザースカート(コットンギャバジン/ミモレ丈) 9,450円
3月 無印良品 ジャパンデニムテーパードボーイフレンド(ネイビー) 8,982円
3月 袖フリルブラウス オフホワイト&ピンク(GLADD) 1,800円×2=3,600円
4月 ユニクロプリーツスカート(ネイビー) 2,134円
6月 ラボキゴシ ハイヒール/メダリオンシューズ 合計19,000円
6月 フリンジラグランスリーブニット(GLADD) ベージュ&グレー 合計4,000円
6月 ラボキゴシワークス 黒エナメルパンプス 8,300円
7月 MUJI Labo ボーダーTシャツ(ネイビー×黒) 3000円
8月 リネンジャケット(Spick&Span古着) 4000円
9月 チンクアンタ レザージャケット(古着) 20,000円
9月 ボディドレッシング白のアウター 3000円
9月 ボアトップス(部屋着)&杢グレーフラノウールワイドパンツ(GLADD アーバンリサーチ)合計7000円
11月 アーバンリサーチドアーズ コーデュロイワイドパンツ(GLADD 2月購入と同じものを2本) 合計10,000円
12月 無印良品ジャパンデニム&MUJILabo白Tシャツ(Webサイトにてセール) 合計6,500円

まとめ

目標の10万円を超えてしまったけれど、この目標のことが常に頭にあったので、押さえられた部分もありました。何も考えずに買っていた一昨年までって、いったいいくら使っていたのだろうと思うと恐ろしい・・
サイズが微妙に合っていないとか、品質がちょっと気になるとか、これまでならばまぁちょっとくらい気に入らないところがあってもまぁいいや、と妥協していた部分に対して、すごくシビアになりました。また、ほしいものリストを作っておくことで、流行の色やシルエットも試したいし買っちゃおう!という衝動買いがなくなりました(ゼロではありません・・・)
ネットではもう服は買わないと決めていた時期もありましたが、手持ちの服の着丈や肩幅、袖丈等細かいサイズを測っておきあらかじめ携帯に記録しておけば失敗することもありません。色味や素材に関してはギャンブル要素ありますが・・私の好きな杢グレーやオフホワイトはそこまでイメージから外れることはありません。もちろん黒や白、ネイビーもあまりにも違うということはないと思いますのでネットで買うときは、基本色に限るというのもひとつのポイントだと思います。あとは、パンツは結構ギャンブルです。2月に買ったコットンワイドパンツと9月に買った杢グレーのワイドパンツはイメージよりも太めで、危なくアウトでした。(セーフでしたが)ネットで買うときは返品の送料とそれにまつわるもろもろの手続きを覚悟するべきなのでしょう。

2018年は、2016年・2017年と2年かけて本当に好きな服だけが手元にあり、全てを活用できるクローゼットにすでになっているはずですので、同じ10万円を予算とはしますが、数を絞り、本当にいいものとめぐり合いたいと思っています。


☆地味に何度も買いものしたGLADD。
下のリンクから登録すると登録時点から24時間使える3000円クーポンがもらえます☆

(わたしにも1000円のクーポンが)
gladd.jp


今年こそ、本数は少なくても読んでくれた方のためになるブログを書きたいな。
今年もよろしくお願いいたします。