ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

大好き靴下


f:id:naomilife:20181017153300j:plain



ふふふ、こちら最近のお気に入り。

足が大きい。外反母趾で幅が広い。
なのに普通のお店で売ってる靴下は24cmまでのばっかりで、たまにサイズが合うのが見つかっても色や柄が気に入らなくて。
だから、靴下というものは履いているうちに落ちてきて、靴の前の方にずれて気持ち悪いのはもう定めなのだと諦めていました。誇張じゃなく、靴下=我慢という図式が出来上がっていました。
hacuにであうまでは・・!

サイズ展開も豊富で色や柄も好み。
落ちてこない靴下を履くのってこんなにも快適だったんだ!!!と毎日履くたびに感動です。日常のこういう小さな、けど大きなストレスを工夫したり、物に頼ったりして解決していくのって楽しいですね。

www.hacu.jp


どんな靴下でも落ちてこない足の形の人は,
いろんな靴下を試せてやっぱり羨ましいけど・・・

服を買わないチャレンジなんて

服を何日とか何ヶ月とか買わないチャレンジというものがあるそうで。

やりたいなぁーと思うけど、買わない日数をクリアすることが目標になってしまっては元も子もない。

でも実は、この服さえあれば新しい自分に出会えるかも?!とかこの服さえあればラッキーがやってくるかも?!とか、そういう期待感で服を買うのをやめれば、そうそうほしい服になんて出会わないのではないか?と思うのです。ほんと、何年か前までそういう服やら靴で収納スペースぎっしりだったよ、、ハイヒールで颯爽と歩く女性になりたくて、外反母趾だというのに高いヒールばっかり買って結局今は一足も残っていません…とほほ。

 

そういえばなりたかったけどなれなかった自分でクローゼットはいっぱいだというようなことを確かティム·ガンも書いていたような!ようやくその言葉の意味を実感しているなぁ。

何日、何ヶ月服を買わない、じゃなくて、こういう条件のこういう服を買う!と決めておくほうが買わずに済むし、結局1回か2回着てそのままっていうかわいそうな服がなくなるんじゃないかなーと思う今日この頃。

 

 

大好きな服にさようなら

10年くらい前に買った上着

背中側が大好きで、秋から冬のはじめにかけて、毎日のようにお世話になりました。

ここ数年は、着ていなかったけど大好きでなかなか捨てられませんでした。

けど!今着たい服をちゃんとクローゼットにゆったりとかけるべきだと思うから心を鬼にしてさようならします。

ありがとね!
f:id:naomilife:20180929190633j:image


f:id:naomilife:20180929190642j:image

 

上着はカットソーとかに比べると高価だし着ていなくても、もう着ないだろうと思っていても、手放すのは難しい…

えいっ!っていう気合が必要だ。

 

久しぶりに、ワンピース

考えて考えて、条件リストを作って、

これが一番、これを一生着る!と思える服に出会わない限り買わない!!

っていうのが基本であることには変わらないけど、久しぶりに、うむ、これならばまぁ合格という甘い判断でワンピースを購入。

若い子が着るからこそかわいいのだろうレトロ柄。私はちょいと対象年齢から外れている気がしなくもないけど北欧っぽい青と、しわになりにくい素材であるというふたつが揃ったので決断。あ、着ても膝が出ないっていうのも大事よね。金額の大小に関わらず、試着は絶対なのです。

 

f:id:naomilife:20180910131840j:image

3700円。

 

もう少し涼しくなったら、カーディガンを羽織って職場にも着ていけそう。

 

そして服はそんなに傷まない

傷んだ服は処分して新しい服を手に入れましょう、ってよく目にする。
けど、服ってそんなに傷まない。
昨年とほぼ同じ服を着て、ザブザブ洗濯しているけど、そうそう痛むものじゃないんだなーというのが今年の夏の感想。
まだまだ来年も着られそうだもん。

naomilife.hatenadiary.jp

コットンのTシャツは通勤には向かないので着るのは休日くらい。
何度も着て洗濯を繰り返したら首のあたりがよれてきたり、小さな毛玉ができたりするのだろうけど
登場回数が少ないので必然的にほぼ傷まず。
リネンは洗うほどに風合いが出て肌触りもよくなってくる。リネン特有の光沢が失われることもないし、丈夫。
シャツと違ってアイロンをかける必要もなくて本当に素晴らしい素材。大好き。痛む=擦切れる時だろうと思うけど相当な回数着用が必要と思われます。

そんなわけで今年の夏に買ったのは結局1枚だけ。
お出かけの機会が何回かありそうだったので、水色のリネンのワンピース。
いかにも外国製っぽい模様と貝ボタンが気に入って買いました。(古着のためお値段2000円以下。ふふふ)

f:id:naomilife:20180825124745j:plain:w250

季節を通して買った服が1枚だけなんて、人生初めてなんじゃないだろうか。

長距離通勤⇨自転車通勤

長距離通勤をやめて5ヶ月が過ぎようとしています。
今は自転車通勤で、通勤時間も、片道1時間半かかっていたところが30分になりました。
風や太陽の光、咲いている花で季節を感じながらの通勤は本当に贅沢です。
自分はそもそも働くのも家事も嫌いなどうしようもないやつだと思っていたけど、
そうではなくて通勤が嫌なだけだったのだと気づきました。
それと、長距離通勤に耐えた後で待ち構えている大量の家事。
働くのも家事も別に嫌いじゃなかった。

満員電車の、乗っている人たちみんなの不満が充満している空気とか、
電車に乗り遅れまいと混んでいる駅の中を無理に急いだりとか、
頑張っていつもより早めに家を出て乗った電車が結局途中で止まっていつもより到着が遅くなった時のがっくり感とか、
やっとの思いで家に着いた途端目にはいる汚れた窓ガラスや溜まったホコリとか(そして「掃除しなくちゃ」と思わなきゃいけないところとか)、
そういう悲しいものに自分は耐えられるメンタルの強さがなかったのだと思います。
と言うか世の中みんなが長距離通勤なんて不合理なものをしないで済むようになればいいのに・・
はっきり言ってよっぽど協力してくれる人がいなきゃ、女性にはフルタイムでの労働+長距離通勤はムリだよ!
女性活躍社会はいいけれど、活躍するために社会に出た後に残される家事は一体誰がやると思っているのでしょう・・
(もちろん、私たちのように100対0で家事を女性が分担しているような状況の場合ですが。)

時間も体力も精神的にも限界なのに、今の会社を辞められない。いったん正社員の道から外れたら、もう戻れなさそう。
こんなに人に恵まれた環境の職場にはもう出会えないだろう。
次の職場、休み取れなかったらどうしよう。
いろんな不安が積み重なって、結局身動きが取れず次に進めない世の中に本当に窮屈だ。
こんな時、ベーシックインカムと言う制度があれば、もう少し自由に自分の人生を設計できるのになぁ・・なんて思ってしまいます。なんか話がずれちゃったけど。

あ、旦那さんの擁護をしておくと、旦那さんは家事の能力はゼロですが、その分仕事を頑張るタイプなので
仕事バリバリよりも家事をしっかりして、働く旦那さんにいい環境を作りたい思いの強い私とはちょうど良いのです。

長距離通勤辞めました!

ついに、やっと、決断して長距離通勤を辞めました。というか、今の会社を辞めることになりました。
女性も社会に出てじゃんじゃん働きましょう、活躍しましょう、という風潮は良いと思うし、昔の人からしたらとても羨ましい風潮だと思うのだけど、それが実現できるのは家事の優先順位を下げられたり、男性や家族がきちんと「自分の担当」として家事を分担できている場合に限ると思っています。そこの課題を残したまま「さあ女性よ!社会に出て働こう!管理職を目指せ!」って言われても・・わたしには、死ぬまで馬車馬のように働きまくれと言っているようにしか思えませんでした。。そして世の中の女性が全員そんな働き方をしたいかというとそうでもないと思うのだけど、そういう風にぐいぐいこられちゃうと働かない(働けない)自分=ダメな人間→自分のことをダメな人間と思いたくないから無理する、というループにはまる人だって私以外にもたくさんいるのではないかなぁと思うのです。

わたしは母が専業主婦だった影響もあるのか家事はきちんとしたいし、旦那さんも言われればなんとか手伝ってくれるけどあくまでも手伝いの域を出ない範囲なので、本当に辛かった。それに加えて、毎日往復3時間の通勤を4年間もよく頑張りました!という気分です。良い会社に勤めているのは自覚していたので辞めない道を選択できればよかったのですが・・

ワークライフバランスは、自分で守らねば。