読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

心に留めておきたい言葉⑧:「しなければならない」は、もっとも力を萎えさせる言葉

いまさらながらカレン・キングストン著『ガラクタ捨てれば自分が見える』を読んでいます。副題で「-風水整理術入門-」とあるのが、風水にはあまり興味のない人の読むハードルを上げてしまっている気がしますが、実際には風水とは余り関係なく、大量のモノに囲まれた暮らしから抜け出したい!と思っているすべての人を対象とした内容になっています。
今までとっておかないといけないと思っていたけど・・これって捨てていいんだ!と背中を押してくれる力強い本です。こんまりさんの「ときめくかどうか」というなんとなくきらきらした雰囲気が苦手だったわたしの、教科書となりそうです。
そのガラクタの捨て方とわたしの実践については今後整理するとして・・

わたしを救ってくれるこんな言葉があったので留めておきたいと思います。

「しなければならない」は、もっとも力を萎えさせる言葉です。
この言葉を使うとあなたは罪悪感や、重圧感を感じるでしょう。

「私は今日『ガラクタ』退治をしなければならない」と「私は今日『ガラクタ』退治をすることができる」の違いを、感じてみてください。
「できる」はあなたに選択を与え、後にうまくいったら自分を褒めてあげることができます。「しなければならない」はあなたを憂鬱な気分にさせ、咎められているような気分になり、達成してもあまり嬉しくありません。

達成しても達成するのがあたり前、できなかったら、必須事項がまたできなかった自分はなんてダメなんだろう・・と自己評価が下がる一方なのが「しなければならない」。
「できる」の一言に代えるだけで、ポジティブで前向きな感じがします。

ここ1年の訓練の賜物か、最近はあまり「しなければならない」にがんじがらめになることはなくなりましたが、それでも気分が落ち込んでいるときは「○○しなければ」「そのあとは○○しなければ」「それが終わったら・・」と頭の中が「しなければならない」でいっぱいになります。
そんなときはこの「しなければならない」→「できる」へ思考を自ら転換させて、落ち込んでいるけどこんなにできた!と自分を褒めてあげられるようになりたい、と思うのでした。


ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

時を逃すな、若者よ

今、夏服の整理をしています。夏服は薄いので見た目よりもずっと多くの枚数を持っていたことにびっくりしています。形が合わなくなってしまったもの、自分の好みが変化した為に感覚的にしっくりこなくなっているもの、当時は大好きで「何か大切な用事があるときのためにとっておこう」と思っていた服だったはずなのにいつの間にかその気持ちがなくなってしまっているもの、手放す対象になった服がまだ片付けの途中なのにたくさんあります。

もし「もったいなくて着れない病」になっている若い子がこの記事を読んでくれていたら、声を大にして言いたい。

大事に大事にしているその服は、いつか必ず自分に合わなくなる時がきます。自分の体型、顔、ライフスタイル、好み。絶対にどれかが変わって着なくなる時がやってくるから、似合うと思うその時に、ちゃんと着倒さないともったいないです。
今日は別に好きな人とデートの日じゃないから、って無難な服を選ばずに、大好きな服を着よう。一週間に二回同じ服を着たって、全然恥ずかしくないよ。(ここはまわりの人の雰囲気にもよるかもしれませんが・・2回同じ服を着るといろいろ言われるくらいなら、服(無難服じゃなくて大好き服)を増やすほうをわたしは選びます。。)

ちなみにわたしが着られなくなった服は、ほしいと言ってくれる人にあげることが多いです。シンプルで、柄やフリルなど着られる年齢が限定される服が少ないのが幸いして母や叔母が欲しいと言ってもらってくれることが多く、活用されている様子を見られるので嬉しいです。


昨年6月にもこんな記事を書いていました。

naomilife.hatenadiary.jp

昨年よりもさらに実感してこう思うのは、シンプルライフ実践のおかげでしょうか。そうだといいな。

マットやカバーが好きな人

マットやカバーが好きな人。それは旦那さんです。笑

結婚して一番最初に険悪な雰囲気になったのが、トイレのマットとカバーをわたしが捨てたときでした。今思えば、旦那さんが一人暮らしをしていた部屋に住みはじめたのはあまり良くなかったのだな。ふたりで住むのに十分な広さだったのでわざわざ引っ越す必要がなく、そうしたのですが、旦那さんからすると「俺のテリトリーにやってきて勝手にいろいろ変えはじめた」ような気がしておもしろくなかったのだろうと思います。

結婚するまで1年ほどつきあいましたが、その間使っていたトイレカバーもマットも絶対に一度も洗っていなかったと思います。汚い・・
あればあったで温かいしいいのはわかっているのですが、清潔さを保つためにはかなりのエネルギーが必要なアイテムだと思うのです。
トイレカバー・マットと三角コーナーは、わたしの中で似た存在で、多くの人が必要だと思い込んでいるだけで実際にはなくても平気だし、むしろキレイに保つのに注ぐエネルギーがメリット以上にかかるもの、という位置づけです。
普通に手を拭くタオルなどとは絶対に一緒に洗いたくないし、靴下と一緒というのも嫌なので、そのためだけに洗濯が1回増えるなんて・・絶対に嫌だ~

そういうわけで、トイレカバーとマット、玄関マット、キッチンマット、洗面所のマット、ついでに三角コーナーも、うちには全部ありません。
旦那さんも最初はかなりぶつぶつ言っていましたし、今もほしいと思っているのだと思いますが、我慢しているのでしょう。我慢させるのも可哀想なので、玄関マットだけでも復活させようかなとも思うのですが、ひとつだすと「洗面所は?」「キッチンは?」と言ってきそうなので気づかないふりをしています。



とりとめのない話でした!

2017年2月にできたことできなかったこと/3月にやりたいこと

2月は28日までだから、本当にあっという間だったな。
2月中旬くらいから、洋服のように普段の食事も材料だけは曜日によって決めておく方式を始めました。月曜→豚挽き肉、火曜→鶏もも肉、水曜→豚ばら肉薄切り、木→魚、金→飲み会などで夜ご飯を作らない日も多いのでその日の気分で。冬なので、これに豚汁や野菜スープなど、大鍋でたくさん作れるものを作って週の終わりごろまで火を通しながら食べています。楽です
ちなみに月曜~水曜までのお肉は、週末にいっぺんに購入するので入れ替わりも可能です。ただ挽き肉は消費期限が早いので、月曜にもってくることが多いです。

2月にできたこと

・運動
ボウリングに行ったのと、同僚とスポーツクラブの体験レッスンに参加したのでセーフ。一度も走らなかったのは反省。

・英語を自分のものにすべく、参考書を買い、取り入れる
参考書購入してないー!が、リスニングだけは細々と続けています。聞きなれてきた会話は、ナレーターに合わせて自分も声に出す、という方法を始めました。継続できているのでセーフとしよう。

・しばらく会っていなかった友だちに会う
学生時代からの友人と3年ぶりに集まった。楽しかったし刺激を受けた。
月に1回は、なかなか会っていない人と会う機会を作りたいなと思った。

・旦那さんとやったことのないことをやる
ボウリング!

2月にできなかったこと

・20分早く起きて、朝に自分の好きな時間を持つ
毎朝6時起きは定着したものの、さらに20分早めるのは無理だった。うむむ

・なにかひとつ、興味のある時事問題を見つけ、ブログに意見を書けるぐらい詳しくなる
まったく達成できず。新聞も、ほぼ見出ししか読んでいないので反省。

3月にやりたいこと

・20分の早起きに再度チャレンジ
・着ていない/似合わなくなった夏服の処分
・料理教室×2回参加(有効期限が迫っている・・!)
・旦那さんとやったことのないことをやる
・ランニングを始める(1回でもよし)


naomilife.hatenadiary.jp

真似するのをやめたらすっきりしました

憧れのあの人が持っているもの。あの人のライフスタイルや服装、体型、考え方…

真似すればわたしも一歩近づけるんじゃないか、あの人みたいにわたしも輝けるんじゃないか、そう思って真似して手に入れたものは、やっぱりわたしがわたしのために選んだものじゃないからしっくりこない。しかも、手に入れたからってわたしの人生がその人の人生みたいになることは、ない。

これまでそういうお金の使い方をよくしてきたと思います。服やバッグ、靴。ファッション関係は金額的にも取り入れやすいし、手っ取り早くわたしじゃない誰かになれそうな気がして散財してきました・・
服や靴をたくさん減らしてみて、たいして使ってもいないのに減らす対象になってしまったものはかなりの確率で「憧れの人に近づきたくて買ったもの」だと気づきました。

ティム・ガン(ケイト・モロニー共著)の『誰でも美しくなれる10の法則』に書かれていた「クローゼットとはつまりなりたかったけれどなれなかった自分の集大成」(※かなりの自分要約してます。)がようやく実感して理解できました。

そして最近、手放したレインブーツ。

f:id:naomilife:20170301102712j:plain


ある方の真似をして2年ほど前に購入したものです。その人のことは今も好きですし、モノとしてもとても気に入っているのですが、そもそもパンツが多いのでロング丈のレインブーツは使いづらいこと、普段使わない色使いなので服を合わせるのが大変なこと、低いですがヒールがあるので長時間の通勤がつらいこと、会社で靴を履き替える習慣がないため1日レインブーツはなかなか大変なこと、などからよっぽど強い雨の日しか手が伸びなくなっていました。

今なら自分の生活と照らし合わせてみて、そもそもレインブーツが必要か?というところから考え、その結果で自分に合った丈・色・素材を選ぶと思います。

誰かの真似をしてモノを選ぶことがなくなったから、手に入れるときは自分がいいと思ったもの。
そうしたら、気持ちもクローゼットも自然にすっきりしてきました。

モノだけじゃないと思います。

世の中がこういう風潮だから自分もこうしなくてはとか、お昼はみんなで集まって食べてるから本当はひとりでいたいけどわたしも参加しなくちゃとか、
特定の誰かの真似じゃなくても自分で選び取らずに流されてやっていることはなんとなく居心地が悪い。もちろん、常に自分を優先するというわけではなくて、空気を読むのは必須です。その上で、何をするにも、自分でこれを選びました!と言えるようになりたいと思ったのでした。


誰でも美しくなれる10の法則 全米No.1ファッションアドバイザーが教える

誰でも美しくなれる10の法則 全米No.1ファッションアドバイザーが教える

グルテンを減らしています

ハリウッドセレブでもないわたしにはグルテンフリーなんて一生関係ないものかと思っていたけれどもしかしたら少なからずわたしにもグルテンが合っていないような気がしています。
わたしはパン教室に通ったり、歩いていてパン屋さんがあると必ずショーウィンドウを覗きこんでチェックしなくては気が済まないぐらいパンが好きでした。朝ごはんは必ず食パンにピーナツバターもしくははちみつもしくはシナモンシュガーを塗って食べていたし、お弁当を持っていけない日のお昼に選ぶものナンバーワンはパンでした。パンだけでなくシリアルやコーンフレークも大好きで、朝ごはん=小麦でできたものを食べていました。

わたしの朝の悩みはおなかがゆるくなってしまうこと。そして時々、腸が絞られるような立っていられないほどの痛みに襲われることでした。実家にいたときからずっとパンかシリアルだったので食べもののせいだなんて考えたこともなく、朝の支度で忙しく動きまわっているのが原因だとばかり思っていました。

過去形なのは今年に入ってからパンを食べる機会が減ったから。年始、お正月の残りがもったいなくてお餅を朝ごはんに食べるようになりました。そうしたら、なんとなくおなかの調子が良い気がするのです。

朝ごはんをお餅にしてから実感している変化
・おなかがゆるくなくなった
・腹持ちがよく、必須だった午前中のおやつを我慢できるようになった
・いろいろなことをやってみよう、という気力が湧いてきた
・今年は腹巻きなしで冬を乗り切った!
※当然のことながら、これは個人の感想で、効果を約束するものではありません

気のせいかな?ただ単に体調が良いだけかな?とも考えたのですが昨日、久しぶりに昼食でピザまんとあんまんを食べたところ久しぶりのあの”なんとなくの体調不良”を味わい、どうしても必要でない限りはグルテンの入ったものは避けようと思ったのでした。

友達とお茶する時にはもちろんドーナツやケーキを食べたりするし、大好きなクッキーやビスケット類は心持ち減らす程度でフリーにはほど遠く、ほぼ毎日食べていますが自分ルールでゆるくやっていきたいと思います。
本気でフリーにしようとしたら、お醤油までも避けなければならないとか!

小麦自体が悪いのではなくて、現代の大量生産大量消費にあわせて改良を重ねに重ねた小麦を使った食べ物が出回っているからという話もあるようです。だからといって、小麦は悪者!小麦を食べる人の気が知れない!とはもちろん思いません。(自分も減らしたとはいえ普通に食べてるし)どうやら自分には合っていないようだから少し減らしてみようという程度です。

目下の悩みはパン教室のチケットが残り3回分も残ってること。どーしよ。

これはもう病気としかいいようがない、かもしれない・・・

洋服がだいぶ片付きました。冬服は、着ないのに所有している状態の服がほぼなくなりました(親に買ってもらったので処分できない服が一着)。この調子で苦手な春夏も冬服とおなじ状態にもっていけそうな気がしています。
靴もあれだけあったのに、気づけば旦那さんよりも少ないくらい。(とはいえフル稼働していない靴が残っているのでこちらもあとは気持ちの踏ん切り待ち)

いよいよ最大の難関、バッグに手をつけるべきときがやってきた。

リストにしてなんと35個!恐ろしいことに実際に置き場を見ずに書いての数なので、実際はもっと出てくると思います。
しかも処分できるものにチェックを入れてみても減らせるのが5個くらいしかないという・・

そもそもなぜこんなにバッグが好きなのか??増えるのか??捨てられないのか??

バッグは体型の変化にも歳の変化にも(ふりふりのついたビニールのバッグとかはもうさすがに勢いでは持てないけど)、季節にも(特別な素材のものは別)左右されないため、買いやすいというのがまずあるかなと思います。
また、何かを達成したからと自分で買ったり、お祝いで誰かに貰ったりすると服よりも特別感がある(そもそも自分へのご褒美がNGというのは置いておいて)。ような気がするのです。アクセサリーよりは日常的、洋服よりは特別、という位置づけでしょうか。

また、通勤用・近所の買い物用・ショッピングに行く時用・お花見用・散歩用・友達と会うとき用・冠婚葬祭用・結婚式の二次会用・ピクニックに行く時用・一泊の旅行用・温泉旅行用・・・と買うときに用途の言い訳がしやすいのもバッグが増える一因だと思います。自分で書いていても意味がわからない用途ありますが笑。年に一度あるかないかの用途を設定して買っても結局その時がくるといつも使っている使いやすいバッグを使ってしまったりして。

捨てられない・手放せないバッグには共通点があります。それは家族や親戚がくれたもの。これは。。時が来たら手放せるのかな。もらって、よく使ったものは「その役目を終えたから」と手放せそうな気もしますね。

分析はこのくらいにしておいて・・せめて3分の一を目指してがんばりたいと思います。