読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

普段のごはんでそんなにがんばらなくていいよ、と思う。

常備菜・つくりおきをがんばっていた昨年の夏。最低でも5品!と意気込んでいたのが、いつしか鶏そぼろとさつまいもの煮物だけになり、今ではさつまいも(もしくはかぼちゃ)の煮物の一品になりました。
お弁当は続けているし、夜ごはん自炊など食生活自体は変わっていません。変わったのは「普段のごはんでそんなにがんばらなくていい」というわたしの日常の食事に対する考え方です。

丁寧な生活=だしからとった煮物や野菜の切れ端や皮を使ったスープストック

そんなイメージがありました。常備菜をフル活用してお弁当は常に色とりどり。夜ごはんは基本和食。…なんてできたら素敵なんだけど。わたしには無理でした。そんなこと続けようとしていたら意気切れしちゃう。息切れしちゃうだけならまだしも、旦那さんがお弁当で野菜のマリネを残そうものなら「休日の半日を使ってあなたの健康を考えて作ったものを残すなんて!」と「あなたのためを思って」の押し付けで夫婦仲の危機にも陥りかねません。野菜を食べるよりもよっぼど、夫婦仲がいいほうが健康でいられることでしょう。

だから今ではお弁当には常備菜ではなくて、朝たまご焼きを焼いたフライパンをそのまま使って冷凍のほうれん草を炒めたものや、じゃがいもを薄く切りこんがり焼いて塩コショウで味付けしたものなど食材単品を簡単に調理したものを入れています。おかずは基本前日の夜ごはんを残しておいて同じものを入れますが、前日がカレーなど持っていけないものの場合は冷凍食品を使っています。冷凍食品OKにしたことで、平日は必ず翌日お弁当のおかずにできるメニューにしなければならない、というすごい縛りがなくなり、気持ちがとても楽になりました。だって鍋でもカレーでもパスタでも、なんでも良いのです。
この現代で栄養失調になんて多分ならない。栄養の偏りについては多分理想とは程遠いラインにあると思うけれど、自炊している限りよっぽどのことがなければ異常な偏りにはならないと思っています。
普段のごはんでそんなにがんばらなくても大丈夫。おいしいものが食べたくなったらたまの贅沢で外食すればいいよ。

本当はこういうのがいいよね、という理想はあるけれど理想で押しつぶされて毎日が楽しくなくなったら意味がない、と実感しています。新婚時代のわたしはフルタイムで働いているのに専業主婦の母と同じかそれ以上の家事をしようとしていました。「家事をきちんとやらなければちゃんとした暮らしができない」と思い込んでいたからです。当然時間的にも体力的にも精神的にも毎日ギリギリでした。それなのに冷凍食品やできあいのお惣菜は絶対ダメ、にしていたのですから我ながら恐ろしいです。今はあの頃よりもずっとサボっているのにずっとちゃんと暮らせてるし、普通の日常が楽しいな、と思えているのです。

一番最初に手放すべきは、モノではなくて思い込み。

スカート。結構やっかいな代物です。ファッションで楽をすると早く老けるというようなことを言われてしまうけれど、やっぱりパンツは楽。そして温かい。夏は夏の素材のものを選べば風が通ってちゃんと涼しい。だからもしスカートかパンツかどっちか選べと言われたら、断然パンツ派です。だから、スカートとパンツは持っている数も履く回数も1:4くらいの割合です。

わたしの好きなスカートの形は膝が隠れる丈でふんわりフレアになっているものです。
冬用と春秋用、そして夏用のあわせて3着持っています。

「結構やっかい」な存在になってしまっているのは、あまり出番のないタイトなシルエットのスカートです。何回もの片付けをかいくぐって今持っているのは2枚です。1枚は無印良品のものでホワイトデニムのタイトスカート。もう1枚は黒の総レースのタイトスカート。(コットンのレースなのでカジュアル感があって、ヒールのない靴でも合わせられる)
ふたつともほとんど出番がありません。レースの方に至っては旦那さんと出会ったあの日(6年くらい前!)から一度も履いていません!えへん!
シンプルな暮らしを目指しているならば真っ先に手放す対象にしなければならない服でしょう・・でもどうしても手放せないのです。
わたしの中に「女たるものタイトスカートは必需品」「女たるもの特別な時はタイトスカート」という根強いイメージがあるからです。

タイトスカートを持っている=女っぷりが上がっている、ではないのに、タイトスカートを手放すと女としての自分までなくなるような気がしてどうしても手放せません。

最初に手放すべきは、モノではなくて思い込みなのだなとしみじみと思います。

・女たるものタイトスカートは必需品

早くこの思い込みを手放せますように!

自分に合うデニムは1本で何役もこなせる万能選手だと思う。

無印良品のジャパンデニム。去年の冬に存在を知り、その履き心地のよさに感動してから1年。休日や旅行に本当によく履きました。

naomilife.hatenadiary.jp


自分に形がぴったりなのか、スキニーでもなくボーイフレンドでもなく、ちょうど良い感じに履けるところが本当に大好きです。
わたしの勤めている会社は、デニムもOKで服装の自由度の高い会社です。ただ、通勤に使ってしまうと休日に使えない(通勤に使った服をそのまま家で使うのは抵抗がある)ため、平日履くのは我慢していました。

デニムってやっぱり万能選手

スニーカーに合わせればカジュアルになるし、バレエシューズに合わせればちょっときれい目にもなる。ビルケンにあわせるとナチュラルな雰囲気が出るし、わたしが好きな「普通の」トップスには全部合う。
ワイドパンツやミモレ丈のスカートでは、やっぱりすこしは制限があって合うものと合わないものが出てきてしまう。でもデニムにはそれがないし、あまりにも普段の生活に溶け込みすぎていて二日連続で履いていてもまったく気にならない、わたしにとってはそんな存在です。

どのデニムでも万能選手になるってわけではないのです

ジャパンデニムに出会う前ももちろん何本もデニムを持っていました。ユニクロ、GAP、リーバイスDIESEL。ストレッチが効いているもの、生地の分厚いいかにも「デニム」なもの。スキニー、ボーイフレンド、テーパード。
でもどれも「なんにでも合う万能選手」にはならなくて。この靴には合わないとかTシャツに合わせるとカジュアルになりすぎるとか、なにかしらの制限がありました。デニム1本で暮らすような生活に憧れていましたが、「なんにでも合う」なんてやっぱりただの神話で絶対に無理なのだろうなと思っていましたが、ちゃんと存在していました。ジャパンデニムに出会って、もうこれ以外のデニムを買うことはないだろうとまで思っています。

子どもの頃に読んだ『メアリー・ポピンズ』にこんな話がありました。街角で風船屋さんが風船を売っています。「よく考えて、自分の風船を選びなさい」と風船屋さんは子どもたちに言います。子どもたちがよく考えて選んだ風船には、なんと、それぞれ自分の名前が書いてあり、ふわふわと子どもたちをひっぱって宙に浮かびます。急いで風船を選んだ大人たちの中には別の人の名前が書いてある風船を取ってしまった人たちもいて、間違った風船では宙に浮かぶことができません。「よぅく考えて!自分のを選んで!」風船屋さんが大きな声で歌っています。

自分に合ったものを手に入れたと思えるとき、逆によく考えたはずなのにちょっと違うかもと思ってしまったとき、いつもこの話を思い出します。

そういうわけで良品週間。

平日にもやっぱりジャパンデニムを履きたくて、まったく同じ形・色のものをもう1本買いました!これでボトムスの数をさらに減らせそうな気がしています。

www.muji.net
今は売切れてしまっている・・定番品なので廃盤になる予定はありません、とお店の人は言っていましたが・・

春と夏を楽しみにする作戦

naomilife.hatenadiary.jp


昨日、春と夏に好きなものがない、と書いたのでまずは自分の好きなものをリストにしてみようと思いました。春夏から始めるといっこうに書き進めなさそうなのでまずは大好きな冬から。

冬の好きなもの

・ミトン
・ぐるぐる巻きのマフラー
・ウールのコート
・ニット帽
・あたたかい大きなニット
・ムートンブーツ
・毛糸のくつ下
・いろんな色が混ざった毛糸
無印良品のジャパンデニム
・杢グレーのパンツと白いスニーカーの組み合わせ
・クリスマスの空気
・大晦日の夜と新年の朝
・湯たんぽ

リストアップしているだけで嬉しい気分になってくる♪寒いのは嫌だけど早く冬にならないかな!(昨日終わったばっかりだけど!)

春と夏の好きなもの

・麻(リネン)の服
ビルケンシュトックのサンダル
・山葡萄のかごバッグ
・白のキャンバス地のトートバッグ
コーデュロイのパンツ
無印良品のジャパンデニム
・リバティプリント

うむむ、どれも好きなんだけどいまいち気分がぱっと盛り上がらないのです。冬の好きなものは、どれを組み合わせても楽しい気持ちになるけれど、春と夏は単体では好きだけど組み合わせてみてもそういう気持ちにはならない。
そうは言っても、春も夏もすぐ来てしまうし、嫌だ嫌だといいながら過ごすのはもっと嫌なので、楽しく気持ちよく過ごせる好きな組み合わせを見つけていきたいと思います。

いつも同じ服着てる人、と思われたい

あの人いつも同じ服着てる、でも清潔感あるよね、と思われるようになりたいな、と思っています。

1月から部署に入ってきた派遣さん(推定40台後半)は濃いグレーのウールのスカートにラベンダー色のセーター、もしくは濃いグレーのウールのスカートに薄いグレーのセーター、それに黒のタイツと黒の靴を履いています。別の方は、いつも白と黒の2色だけを使って重ね着してコーディネートしています。ふたりともいつも同じような服装なので、もし二日連続同じ服を着ていても気づかないだろうと思います。でもなんとなく清潔感があって、本当に二日連続同じ服を着ていても特になにも思わないだろうな、という。

腹黒いとよく言われますが「あの人ってこういう人」っていうブランディングって結構大事だと思っています。あの人は面倒なことを頼んでも嫌な顔をしない、というイメージを持ってもらえれば、一度断っても嫌な印象をもたれずにすむし、いざというとき頼りにしてもらえます。逆に、いつも引き受けてもらえるけど嫌な顔する人というイメージがつくと話しかけることさえちょっと敬遠されてしまう。

どうやって自分のイメージを作ったらいいのかな?

服装の面においても「あの人ってこういうひと」というイメージを作るには…まずは自分の好きなスタイルを確立しなければならないと思います。例えばわたしの好きな冬の服装は、ざっくりしたニットにワイドパンツ×スニーカー、もしくはフレアスカート×ブーツと決まっています。増やすとしてもそれに合うものしか買わないので、テイストが一貫していて、結局使わなかったということがありません。
問題は多分今日から本格的にやってきた春と、夏。春から夏にかけてはそれがないのです。(ずっとこればっか言ってる気が・・)
だからいろいろなテイストのアイテムを買ってしまったり、選びきれなくて手元に残してしまったり。持っているものがバラバラだから一貫性がなくとても使いにくいのです。

なるほど。「好きな軸がない」というのが一番の問題であるとわかってきました。軸がないんだからブランディングできないのはあたり前だよね。昨日はナチュラルかと思ったら今日はOL風、でも足元がヒールじゃなくてなんだか変ね(ヒールを持っていないので)、とならないように早く好きなテイストを決めなければ!と思います。あぁ~正直なところ、春夏に着たい服とかしたいコーディネートとか、あんまりないのよね・・(それってそもそも、どうなの!)

2016年~2017年冬の制服をやってみて

ニット:5着
ワイドパンツ:2着/フレアスカート:1着
スニーカー:1足/ロングブーツ:2足/ショートブーツ:1足
の組み合わせで平日を過ごしたこの冬の感想を忘れないうちに・・

トップスについて
イギリスや北欧っぽい、ざっくりとしていて襟が詰まっているニットが昔から好きです。千鳥格子など、あまりにも「冬!」という雰囲気のするものは、意外と着られる期間が短く、3月になると敬遠しがちになるので注意。素材にもよると思いますが。

ボトムスについて
ボトムス3着でまわしてみたら、最初の2週間くらいで飽きてしまい、続けられるか不安になりました。が週2回、同じボトムスが登場することにも2月に入ると慣れてきて、逆に楽に感じられるようになった。学生の頃、学校の制服に「飽きる」ということがないのと同じかな?

わたしの好きなテイストのニットに合うのは杢グレー。白のスニーカーとも相性抜群で、雰囲気が柔らかくなるのでお気に入り。
使うのが難しいと思われた鮮やかな青のウールのフレアスカート(3年目?4年目?)は意外と何色にも合う。黒のタイツとあわせると色の対比がきつくなりがちなので今年はグレーのタイツとばかりあわせていた。グレーのタイツは使いやすい!来年からは黒のタイツは必要ないかも。
逆に、意外とあわせづらいのがネイビーのワイドパンツ。ニットにネイビーを使えないので(これは多分個人的な色合わせの好み)白かグレーを合わせたい→二日連続にならないように前日や履いたその次の日の服まで考えないとならないため結構大変だった。今年買ったばかりだけれど秋にもうまく使いこなせないようなら手放すかも。
もう一本、ボトムスを増やすなら薄めの杢グレーかな・・ネイビーにあわせやすい色にしようと思います。

靴について
パンツ2本、スカート1着のためロングブーツの出番があまりなかった。気温が例年よりも高かった(ような気がする)せいか、スカートのときもショートブーツばかり履いてしまいロングブーツは2足も必要ない。どちらか1足手放すべきなのだろうけど、どちらも今は選べないくらい好きなので、時が来るのを待ちます。。

冬服を着られる時期について
11月のはじめはまだ暖かい日が多いので、ヒートテックなしでボトムスを履くなどして温度調節をして、11月~2月の4ヶ月間は冬服でいけそう。3月は暖かい日があるので、春服をうまく混ぜて乗り切ろう。

以上、次の冬の自分への備忘録を兼ねた記事でした。

「ガラクタ捨てれば自分が見える」実践中

カレン・キングストン著「ガラクタ捨てれば自分が見える」を読んでいます。
細かくまとめてくださっている方がたくさんいるのでわたしは感想というよりも読んで実際にやっていることの記録を。。

この本を読んで、なんとなくただ捨てられないと思いこんでいたものをいくつか手放すことができました。

捨てても大丈夫だったもの

・結婚前に旦那さんと一緒に買ったフライパン
つきあっていた頃、スーパーで500円買うごとに1枚チケットがもらえて、何枚か溜めると安くフライパンが買える、というプロモーションで購入しました。結婚してからもしばらく使っていたのですが重たいのが最大のネックとなり、新しいものを購入。つきあっていた頃の思い出もあるし、あれば使うかもと3年ほど置いてありましたが一度も使っていないのでさようなら。ありがとう!

・1回か2回しか使っていないドレッシングやジャムなどの調味料
冷蔵庫の中の不要なもののほとんどがこういった「絶対に使わないとわかっているけどたくさん残っているからもったいない」だから捨てられない、というものでした。捨てた時の罪悪感に耐えられないんじゃないかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。目にするたびに使い切れないものを持ってしまった自分にネガティブな感情を感じることになっていましたがもうそんな思いもしなくていい♪すっきり!!
ガラス瓶のものは、中身を出して捨てるという作業自体面倒なので、必ず使い切るとわかっている定番品以外は安易に買ったり、もらったりするのをやめようと思います。

・もらったもの
結婚当初、義実家からもらった三段重ねのお重。三段がいっぱいになるほどおせちをつくる機会があったとしたらおそらくそのときは自分で作らず買うだろう・・と思ってはいたものの、着実家からもらったというのがネックになり何年も捨てられずにいました。思い切って手放したら、驚くほど心が軽くなりました。目に見えない場所にしまいこめばないのと同じと思っているけれど、実際はそうではなくて、常に頭の片隅にありエネルギーを吸い取られているというのを実感しました。

まだもう少ししないと捨てられないもの

思い出にまつわるもの、近しい人からもらったものがわたしにとっての捨てられないモノです。このぬいぐるみを見て「おかしなもの買ったわね」と母が笑っていたなとか、このホットプレートで冬の間じゅう、週末のデートは鍋をしたなとか。モノに思い出があるわけではない、モノはモノ、モノがなくなっても思い出は残る言いますがまだまだ難しいです。

次に手放したいもの

良い思い出があるわけでもないのに、なぜか捨てられないでいたものを手放したいと思っています。
昔の彼氏と一緒に買ったもの、仲たがいしてしまって今は連絡を取っていない人にもらったタオルなど、見たり使ったりしたときになんとなく暗いインクがぽたり、と自分の気持ちに落ちてくるようなモノは手放そうと思います。こういうモノこそ手放すべきなのに、なぜかこういう時だけ「モノに罪はない主義」になっちゃうんですよね…

「ガラクタ捨てれば自分が見える」を読んで、大掛かりな捨てたい欲みたいなものはわたしには湧き上がりませんでしたが、今までたいした理由もなく、なんとなく手放せずにいたモノたちを手放すのに背中を押してもらっているように思います。

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)