ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

『猿食べたら虹が出た』

お金がないと、きれいな服がないと、最先端のスマホがないと、、、いろいろなモノを持っていないとわたしたちは幸せじゃないと思わされているんじゃないだろうか。『陸海空 地球征服するなんて』スペシャルを観て一番強く感じたのがこのことでした。部族の人…

道具のお手入れ

ヘアブラシのお手入れについて。 ヘアブラシは髪やフケ、ほこりなどですぐ汚れてしまいます。時々、つまようじで毛束と毛束の間をほじったりするけどなかなか取りきれない… 宇野刷毛ブラシのヘアブラシを使い始めたのをきっかけに、使うたびに軽く掃除をする…

宇野刷毛ブラシのヘアブラシを買いました

「髪は女の命」なんていうフレーズとは無縁の人生を過ごしてきました。使っているヘアブラシは何かでもらったノベルティ。しかもどうせ髪が短いからと余計に手を抜いて手櫛ですませる朝もあったりして、申し訳ない扱いをしてきました。洋服は「ブラシの平野…

秋なので、コスメを買いました

秋は大好きな季節なので、新しいコスメほしい熱も高まるのである。今回はずっと探していたアイシャドウパレットとミネラルファンデーションを買いました。多分この先ずっとこれを使い続けるだろう・・!というものに出会ってしまった!jp.iherb.com Physicia…

なんか違う、と気づいてしまった服

naomilife.hatenadiary.jp昨年の冬に大好きだった、杢グレーのワイドパンツ。ざっくりとしたニットとスニーカーに合わせて着るの、大好きだったな~。今年ももちろん同じ組み合わせで着る予定でした。今朝今年一番の冷え込みだったので冬素材ももういいだろ…

心に留めておきたい言葉⑫ セーラ・ケリング

シャーロット・マクラウド『納骨堂の奥に』の中に、とてもおもしろい一文を見つけました。 ドレスはセーラがまだ小さい頃に、母親が着ているのを見たかすかな記憶があるという代物だった。ほかの客の中にも覚えている人間がいることだろうが、セーラは気にし…

ちいさなことをちゃんと毎日続ける秘訣

今年に入って、この歳で、恥ずかしながら新聞の購読を始めました。テレビやインターネットから得るよりもひとつのことに関して多くの情報を得られるようになることで世の中のあらゆることに対して自分の意見を持った人間になりたいなぁと思ったことがきっか…

せめてトランス脂肪酸だけは・・・

以前、グルテンを摂らないようにしていると書きました。naomilife.hatenadiary.jp 今はだいぶゆるくなってしまいましたが、パンを控えるということだけは習慣づいています。あの「パン・・パンが食べたい!」という衝動がなぜかなくなりました。どうしてもや…

2017年夏の服振り返り(ボトムス)

naomilife.hatenadiary.jpかなり時間が経ってしまったのですが、夏の服振り返りボトムス編。4枚でした!左上から時計回りに ・ミナペルホネン リネンワイドパンツ ・ジャーナルスタンダード ネイビーのストレートパンツ ・ユニクロ ネイビープリーツスカート…

ミニマリストを目指すわたしのスキンケア

ブログって不思議です。思いを吐き出すって大事なんだなぁ。あまり人に相談しない性格の人は、ブログを書くべし!と思いました。何かが変わったわけではないけど、また今日もちゃんと1日を過ごせている。さて、今日は彼岸の入りということで正式に秋がやって…

スマートフォンとSNS

小学校の頃の知り合いから「元気?」と突然連絡が来ました。わたしが小学生の時はもちろん携帯なんてないし、電話番号やメールアドレスなんて知らないので、メッセンジャーでメッセージがきたのです。こういうことがあると、現代ってすごいなー、スマホって…

どうせ行かなきゃなんないのなら

なにか予定が入ったときは、ちゃんとそれを楽しみにしようと決めました。本を読むのが大好きで、時間があるならゆっくり本を読みたい。飲みに行くよりも家で好きなだけ本を読んでいたい。北欧ミステリの世界に入り込んでいたい・・面倒な会社の飲み会などで…

2017年夏の服振り返り(トップス)

去年の夏って何着てたっけ・・?と毎年同じ質問を繰り返すので、来年のために今年着ていた夏服の記録。ここに載っていないのに持っている服はつまり、なくても大丈夫ということなので処分しようと思います。来年こそ着るぞと毎年捨てられないオフショルダー…

裁かない。

『ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (ジェラルド・G. ジャンポルスキー著)』を読んでいます。ゆるせない人、います。その代表がちょこちょこ登場している最低な元彼氏。別れるもっと何年も前に見限れたはずだったのに別れられなかった幼い自分…

新聞を片付ける

新聞は新聞屋さんから届くストック袋を玄関横のウォークインクロゼット(ウォークインできるほど広くはない)に置いてそこにためるようにしています。捨てるのは毎月1回、古紙回収の日です。毎日届く新聞。読めない日は当然あって、明日読もう、とソファのサ…

おりはらさちこさん

ものすごく気になるタイトルの本を見つけました。 『同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました(双葉社)』著者のおりはらさちこさんはブログをやっているらしいと知って夏休みのあいだ中読み漁ってしまいました。4コマ漫画形式のブログなのですが…

やめたこと:週末の特別な朝ごはんづくり

結婚してからずっと昨年の秋ごろまで週末はいつも特別な朝ごはんを作っていました。朝早くおきてパンを焼いたり、ホットケーキやパンケーキを焼いたり、フレンチトーストもよく作っていたっけ。パンの焼けるにおいで旦那さんが起きてくるなんてステキだな~…

今年の夏はセールに行っていない!

なんという驚き。今年の夏はまだセールに行っていない。時間がたとえ30分しかなくても、絶対に空き時間を見つけて行っていたわたしが! ちゃんと自分で意思を持って買いものをするようになったからだと思います。1万円のトップスが2000円!?3万円のサンダル…

急にお金持っちゃった人

昨夜NHKのクローズアップ現代をちらりと観ました。仮想通貨で大きく稼いでいる人が急増しているという話だったのですが、冒頭に映ったのはその大きく稼いでいる若者たちがバーベキューで100g3000円の高級肉を焼いて食べる映像でした。「うまいっす!」「最…

絶世の美女じゃなくっても。

男女差別とかではなく、やっぱり女性の笑顔はかわいいなぁ、と思う。例えば、挨拶してもいつも真顔でちょっとこわいと思っていた 同じマンションに住んでいる同年代ぐらいの女性。 エレベーターで乗り合わせたある雨の朝、わたしの傘を見て「あ!傘忘れちゃ…

大事なお金で、痛い靴を買ってしまうのはなぜだ。

靴って、わたしの中ではかなり特殊な位置を占めている買いものです。3万円以上払っても一度履いてもう二度と履けないこともあるし、ほぼ賭けのようなもので。合わなければ「仕方ないね、靴だものね」で済まされてしまう。ほかのものだったら絶対にそんなも…

ハイヒールを履くと泣きたくなるぐらい足が痛くなるのは、足の形のせいじゃなくて靴の形が合ってないだけ。

全体的に所有物の数は減っているけれど、相変わらずのお買いもの日記です。。へへっ 以前、ラボキゴシワークスのハイヒールを神の店員さんがお勧めするままに買ってみたら、まったく痛くなくて感動した記事を書きました。 naomilife.hatenadiary.jpハイヒー…

手放せない服やバッグ、靴を手放す簡単な方法をついに発見しました

夏服を、トップス/パンツ/スカート/ワンピースの4つにわけて、さらに色分けしてどのくらい持っているか書き出してみたら、全部あわせて25枚(カーデやストールなどは除く)でした。意外と少ない!問題はここから。リストに載らなかったものです。幾たびにも…

ブラトップ反対派が陥落した夏。

ブラトップ、楽だしいいよ!ってよく聞きます。だけど「わたしはそんなことはしないわ!楽をするよりも女性としてきちんと下着をつけるべき!」とかたくなに主義を貫いてきました。が、「洗濯も楽だよ~」という友人の言葉で俄然気になってユニクロに行って…

本当に気に入ったものだけを買おう

憧れている人のブログで紹介されているもの。好きな雑誌で特集されているもの。ちょっといいなと思っているものが安くなっているのを発見してしまったとき。ほしくてほしくて仕方がなくて、手に入れるまでそわそわして、ものすごい執念をもって手に入れてい…

つきあいたくない人。

無理に人付き合いをしなくてもいいかな、と思うようになってきました。もっと若い頃は、苦手な人がいても仲間うちで起きている出来事を自分だけが知らないのが嫌で(この時点ですでに考え方が幼いです)飲み会に参加することもありました。無理に付き合いた…

心に留めておきたい言葉⑪

なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。 小林麻央さんの言葉です。今までいくつもの自分を救う言葉を集めてきて、どれもその時のわたしを救ってくれましたが、この言葉は、別格でした。ものすごい衝撃を感じてしまった。も…

正義が勝つはずなのに。

小林麻央さんが亡くなりました。かわいい女性だなとは思っていたけれど特別彼女のファンというわけでもないし、ブログも何回か覗いたことしかありません。けれど、それでも大きなショックを受けました。わたしでさえこうなのだから、ご家族や彼女のブログに…

舌の根も乾かぬうちにお買いもの。

おお!5・7・5!昨日季節が逆の服は~云々書いたくせに、お買いものしてしまいました! 昨年の冬にはじめて見たときから、ずーっとほしかったニット。正直、お値段相応の素材ですし(アクリル)とても「これからずっと大事にします!」という服ではなくて、…

季節が真逆の服を買う。

昔から好きな、買いものの仕方で「冬のものを夏に買う」というのがあります。アウトレットやファミリーセールなどに出かけると夏ならば冬物をお得に手に入れるチャンスに遭遇したりします。そういえば今持っているJoutsen(ヨーツェン)のダウンコートもTATR…