ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

わたしの生活

アンチつくりおき!

世の中には「作り置き」のレシピ本はこれでもか!と売られているけれど、わたしはアンチ作り置きなのです。 作りたてを家族に食べてほしいから、とかそういうかわいい理由ではありません。単純に、作り置きを作ること自体が疲れるから。作って冷凍するだけ!…

湯船での乾燥問題!

暑い時期はあまり湯船に浸かりません。本当は浸かったほうがいいのでしょうね・・実家が1年中シャワーだったので、湯船に浸かるようになったのは結婚してからのことなのです。(なんと!)湯船につかって、毎年飽きもせず香菜子さんや内田彩仍さんの本を眺め…

カビは嫌い

家事のことで旦那さんと喧嘩になるのはいつも「掃除のタイミング」でした。週末まとめてふたりで一緒にやればよいという旦那さんと、週末はゆっくりしたいから平日にもちょこちょこやっっちゃいたいわたし。旦那さんが言うには、ちょこちょこやられると自分…

400円の節約

実家に帰るのは多くて月1回。年にたった12回です。(外で会ったりもするので、実際に両親に会える回数は有難いことにもっと多いです) 実家は通勤先と家の中間にあるのだから、途中下車すればいいのに、それでもなかなか行こう!と決められない大きな要因は…

食べること。

今日はお弁当おやすみの日です。曲げわっぱを使い始めてから、お弁当に何を入れても美味しそうに見えるので毎朝小さな達成感を味わえるようになりました。だから、作るのは苦痛ではないのだけどいかんせん(作らないよりは)時間がかかる。朝から洗い物が増…

『猿食べたら虹が出た』

お金がないと、きれいな服がないと、最先端のスマホがないと、、、いろいろなモノを持っていないとわたしたちは幸せじゃないと思わされているんじゃないだろうか。『陸海空 地球征服するなんて』スペシャルを観て一番強く感じたのがこのことでした。部族の人…

道具のお手入れ

ヘアブラシのお手入れについて。 ヘアブラシは髪やフケ、ほこりなどですぐ汚れてしまいます。時々、つまようじで毛束と毛束の間をほじったりするけどなかなか取りきれない… 宇野刷毛ブラシのヘアブラシを使い始めたのをきっかけに、使うたびに軽く掃除をする…

ちいさなことをちゃんと毎日続ける秘訣

今年に入って、この歳で、恥ずかしながら新聞の購読を始めました。テレビやインターネットから得るよりもひとつのことに関して多くの情報を得られるようになることで世の中のあらゆることに対して自分の意見を持った人間になりたいなぁと思ったことがきっか…

せめてトランス脂肪酸だけは・・・

以前、グルテンを摂らないようにしていると書きました。naomilife.hatenadiary.jp 今はだいぶゆるくなってしまいましたが、パンを控えるということだけは習慣づいています。あの「パン・・パンが食べたい!」という衝動がなぜかなくなりました。どうしてもや…

ミニマリストを目指すわたしのスキンケア

ブログって不思議です。思いを吐き出すって大事なんだなぁ。あまり人に相談しない性格の人は、ブログを書くべし!と思いました。何かが変わったわけではないけど、また今日もちゃんと1日を過ごせている。さて、今日は彼岸の入りということで正式に秋がやって…

どうせ行かなきゃなんないのなら

なにか予定が入ったときは、ちゃんとそれを楽しみにしようと決めました。本を読むのが大好きで、時間があるならゆっくり本を読みたい。飲みに行くよりも家で好きなだけ本を読んでいたい。北欧ミステリの世界に入り込んでいたい・・面倒な会社の飲み会などで…

新聞を片付ける

新聞は新聞屋さんから届くストック袋を玄関横のウォークインクロゼット(ウォークインできるほど広くはない)に置いてそこにためるようにしています。捨てるのは毎月1回、古紙回収の日です。毎日届く新聞。読めない日は当然あって、明日読もう、とソファのサ…

やめたこと:週末の特別な朝ごはんづくり

結婚してからずっと昨年の秋ごろまで週末はいつも特別な朝ごはんを作っていました。朝早くおきてパンを焼いたり、ホットケーキやパンケーキを焼いたり、フレンチトーストもよく作っていたっけ。パンの焼けるにおいで旦那さんが起きてくるなんてステキだな~…

今年の夏はセールに行っていない!

なんという驚き。今年の夏はまだセールに行っていない。時間がたとえ30分しかなくても、絶対に空き時間を見つけて行っていたわたしが! ちゃんと自分で意思を持って買いものをするようになったからだと思います。1万円のトップスが2000円!?3万円のサンダル…

急にお金持っちゃった人

昨夜NHKのクローズアップ現代をちらりと観ました。仮想通貨で大きく稼いでいる人が急増しているという話だったのですが、冒頭に映ったのはその大きく稼いでいる若者たちがバーベキューで100g3000円の高級肉を焼いて食べる映像でした。「うまいっす!」「最…

絶世の美女じゃなくっても。

男女差別とかではなく、やっぱり女性の笑顔はかわいいなぁ、と思う。例えば、挨拶してもいつも真顔でちょっとこわいと思っていた 同じマンションに住んでいる同年代ぐらいの女性。 エレベーターで乗り合わせたある雨の朝、わたしの傘を見て「あ!傘忘れちゃ…

大事なお金で、痛い靴を買ってしまうのはなぜだ。

靴って、わたしの中ではかなり特殊な位置を占めている買いものです。3万円以上払っても一度履いてもう二度と履けないこともあるし、ほぼ賭けのようなもので。合わなければ「仕方ないね、靴だものね」で済まされてしまう。ほかのものだったら絶対にそんなも…

ハイヒールを履くと泣きたくなるぐらい足が痛くなるのは、足の形のせいじゃなくて靴の形が合ってないだけ。

全体的に所有物の数は減っているけれど、相変わらずのお買いもの日記です。。へへっ 以前、ラボキゴシワークスのハイヒールを神の店員さんがお勧めするままに買ってみたら、まったく痛くなくて感動した記事を書きました。 naomilife.hatenadiary.jpハイヒー…

本当に気に入ったものだけを買おう

憧れている人のブログで紹介されているもの。好きな雑誌で特集されているもの。ちょっといいなと思っているものが安くなっているのを発見してしまったとき。ほしくてほしくて仕方がなくて、手に入れるまでそわそわして、ものすごい執念をもって手に入れてい…

つきあいたくない人。

無理に人付き合いをしなくてもいいかな、と思うようになってきました。もっと若い頃は、苦手な人がいても仲間うちで起きている出来事を自分だけが知らないのが嫌で(この時点ですでに考え方が幼いです)飲み会に参加することもありました。無理に付き合いた…

心に留めておきたい言葉⑪

なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。 小林麻央さんの言葉です。今までいくつもの自分を救う言葉を集めてきて、どれもその時のわたしを救ってくれましたが、この言葉は、別格でした。ものすごい衝撃を感じてしまった。も…

季節が真逆の服を買う。

昔から好きな、買いものの仕方で「冬のものを夏に買う」というのがあります。アウトレットやファミリーセールなどに出かけると夏ならば冬物をお得に手に入れるチャンスに遭遇したりします。そういえば今持っているJoutsen(ヨーツェン)のダウンコートもTATR…

やると決めたことをやろう、と思う

大きな難しいことじゃなくて、小さくてただちょっと面倒なこと。 ・50円のはがきにつける差額の切手を買いに行く ・期限の切れたファミリーセールのお知らせはがきを処分する ・開けてからだいぶ経ってもう食べられないジャムを捨てるどれもやればすぐに終わ…

モノの値段

最近よくモノの値段について考えます。 例えば車。車を自分で作ろうと思ったら、原理を学んであらゆる部品を集めて組み立てないといけない。 わたしの大好きな曲げわっぱ。木を切り出すところから始めなくちゃいけない。 歩きやすい靴。自分の足に合う木型を…

使っていないモノを捨てる(捨てたい)

「死蔵品」と呼ぶらしいですね・・使っていないモノ。昨年からモノを整理してきて、どんな状況になっているかと申しますと、実はうち、外はスッキリ内はびっしり、なのです。死蔵品、めっちゃあります。涙今、小池龍之介さんの『考えない練習』を読んでいま…

ミナペルホネンが好き

ちょっと前まで断然、「マリメッコ」派だったのですが、最近は「ミナペルホネン」です。マリメッコの、ぱきっとした色合いが北欧ぽくて好きだったな。今はミナペルホネンのやさしい風合いが好きです。こんなに好きだけどどちらのものもあまり持っていません…

料理教室に行くべきか否か

料理教室に通っている、と言うと、よく「女子力が高い」だの「料理好きの奥さんがいて旦那さんは幸せ」だのいろいろいいイメージをもたれます。が、わたしが料理教室に通うことに決めた理由はまったく逆で、料理が嫌いだからに他なりません。嫌い、というの…

働き方が変わったので掃除のスタイルも変えてみた

昨日は暗かったわ・・笑。気持ちを書きなぐってみたらすっきりして、書いた1時間後にはお菓子屋さんでハッピーターンを買っていました。へへっ4月から部署を異動したことにより、フレックスタイム制度を存分に活用できなくなってしまいました。(朝から100%…

今日は暗いよ。

世の中の大多数を占める意見が常識になる。常識認定されると、された側の人はされていない側の人に何を言っても、聞いても許される免罪符を手にしてしまうのはなぜでしょう。 なんで結婚してないの?なんでバツイチなの?なんで子供いないの?なんで同性が好…

どうせYESと言うのなら。

社会人になって10年以上経ちますが、わたしの唯一の信条は何かを頼まれた時は気持ちよく「はい!」ということです。なんでわたしが!??と思うようなことでも、部署の異動でも、どうせやるのならごちゃごちゃ言わずに「はい!」って言った方が気持ちよく仕…