ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

『考えない台所』で料理にかける時間と労力を削減をしたい

キッチンで過ごす時間…私は料理も片付けも作業が遅くてものすごく長いです。

特に平日の夜は、20時過ぎに帰宅し、夕飯の準備に1時間半、その後準備の片づけをしているとあっという間にプラス30分は経ってしまいます。

夫の帰りが遅いこともありますがごはんを食べ始めるのは10時過ぎ・・

それで家事がすべて終わるわけではなく、体力に余裕があれば掃除機をかけたり

洗濯を済ませたりして、自分のやりたいことをやる時間はほぼゼロです。

シンプルライフを目指すようになって、手帳に「今日はどんな服を着た!」とか

「どんな工夫をした!」とかいろいろ書き残したいのに手帳を開く時間すらありません。

 

そんな状況を少しでも改善したいと、高木ゑみさんの『考えない台所』を読みました。

料理をするにも何をどう短縮すればいいか、どんな収納をすればいいか、とにかく効率にフォーカスした内容になっています。

 

すぐにでも取り入れよう!と思ったこと

・冷蔵庫から野菜を取り出すときは使うものを一回で全部出す

・出した野菜は使う分だけまとめて洗い、白いもの→色の濃いものの順で切る

・朝もしくは前日の夜に「下準備」をしておく!

 

一番目をやると、何をしなければならないのか手順を確認するきっかけになりますね。

料理教室でも(そう、料理教室に通っているのです!)その日使う野菜ははじめに一気に切ります。

だからまな板を出すのも洗うのも一度だけ。

これを家でも真似していたのですが、一気に取り出すまではしていなかったので勉強になりました。

 

メインのおかずの分を切って、お味噌汁の分を切って、サラダの分を切って、とわけてやるよりもずっと楽です。

 

まだ一度しか実践できていないのですが、確かに時間&労力が短縮されました!

野菜の準備がすべて整ってから調理を始めるのってすごく楽です。

 

他にも、冷蔵庫や冷凍庫の収納方法など詳しく書いてあって真似したいポイントもたくさんありました。

冷凍庫はおいしく保存できる魔法の部屋ってフレーズが、私のこれまでの認識とは全く違っていて響きました。

うちの冷凍庫は全然有効活用できておらず、化石がよく出てきてしまうので・・笑

ただ、整理に使うボックスなど100均のものがよくお勧めされてるんですよね。

なるべくモノを増やさない、新しく買うならば自分の本当に気に入ったものを!と思っている今の私とはそこだけがちょっと違ったところかな…

 

 

考えない台所 (Sanctuary books)

考えない台所 (Sanctuary books)