読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

きれいなお風呂に入りたい

手に入れたもの わたしの生活

「きれいなお風呂に入りたい」なんて書くと今までどんなお風呂に入ってたんだ!?と思われてしまいそう笑。
とんでもなく汚いわけではないけど、浴室の隅やボトルの底、お風呂の蓋の溝など細かいところを見ると微妙・・という汚さではありました。

昨年までお風呂そうじは夫の担当でした。数ある家事の中で唯一夫が担当していたのがお風呂掃除だったのです。
しかし平日は帰りが遅く、休日も最低限。浴槽には毎日つかりたいので、仕方なく平日の朝、浴槽だけを2日に1度私が洗っていました。
でも洗うたびに、本当は夫の担当なのにどうして私がやらなければならないのか、携帯をいじっている時間があるなら掃除くらいできるのではないか、と心の中はもやもやでいっぱい。
毎回イライラしていました。

年末、浴槽につかりながら「毎日きれいなお風呂に入りたい」と切実に思いました。
ピンクになっていたり、ぬるぬるしていたりしてとても触りたくない場所がある。
排水溝のゴミを取るのはそこが詰まって流れが悪くなってから。
使いかけのまま放置されてる美容院でもらったコンディショナー。もうこんなのやめたい。

大掃除で、徹底的にお風呂場の掃除をしました。
その時にようやく、このままきれいな状態が保てれば毎日ぴかぴかきれいなお風呂に入れるのでは?と気づいたのです。

回数が多いか少ないかは人それぞれだと思うのですが我が家は浴槽を洗うのは2日に1回です。(したがって、お湯を取り替えるのは2日に1回)
夜は疲れ果てて気分が乗らないので、朝掃除をします。
昨年まで浴槽まわりだけだったのをプラスアルファどこか掃除をすることに決めました。

私のお風呂掃除新ルール

・お風呂掃除は朝すませる
・毎回、浴槽+αで掃除をする。場所は、その時かけられる時間や気分によって決めて良い
・乾いた状態で髪の毛などを取れるよう、夜は排水溝のふたを上げておく
・シャンプーの底等は汚れやすい&掃除し忘れやすいので気をつける

この新ルールにより、どこでも素手で「イヤだな」と思うことなく触れるぴかぴかのお風呂を保てるようになりました。
夫が掃除をしないから私がやらなきゃいけない、というのではなく「お風呂をきれいにするのは自分が気持ちよくすごくため」という考え方に変わったことにで掃除自体も気分よく取り組めるようになったことが一番の良い収穫でした!

きれいなお風呂って気持ちいい!