読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

『服を買うなら、捨てなさい』

手放したもの ワードローブ

f:id:naomilife:20160130221430j:plain

左は、旅行先で買ったもの。思い出もたくさんあるし、袖がふわっとしていて本当にかわいくて大好きでした。
でもサイズ感がピッタリとしていて、ちょっとユルめが今の気分なのと、きっとこれからもピッタリとした服を選ぶことはないと思うので
今回意を決して手放しました。
右が、試着した時に「これ、新しい私のスタイルを作れるかも」と思って買った服。カシュクールにもなるシャツです。
が、着方がよくわからず敬遠してしまうアイテムで、結局活躍させられませんでした。カシュクールにしないでも着られる2wayなのですが、しないと裾が広がったシルエットが苦手で…ごめんなさい。


昨日の記事で、私の所有している恥ずかしい量の服の保管場所を明らかにしてしまいました…

本日、約半日かけて服の大半を処分し、一人では持てないぐらいの重さの服を捨てました。
(正確にはまだ捨てていません。
何しろほとんどの服が綺麗な状態なので捨てるには忍びなく、来週末になってしまいそうですが家の近くのリサイクルショップに持ち込もうと思っています。
でもそれまで家に置いておくのも本当は嫌なんですけどね…選別に迷いが出て拾っちゃいそう)

服を選別するときのルール

・その服が好きかどうか問う
・「着てないから着なきゃなー、あぁ何と合わせていいかわからないな、嫌だな」という
 マイナスな気持ちがその服に対して湧いてきたら捨てる
・好きすぎたり、旅行に行ったときに買って思い出があるけど形が古い、
 もしくは今の自分には合わない場合でも躊躇してはダメ。「今までありがとうね」と言って潔く捨てる

こうしてたくさんの服を手放すことにしてみて、一番強く感じたのは、
「まあまあの服(主にセールの時になんとなく買った服)」「自分ぽくないけどチャレンジしてみたくて買った服」に埋もれて、本当に着たい服・好きな服を
全然着られていなかったということです。
これだけ捨てるなら、大好きなMujiLaboの服を何枚買えたことか…

地曳いく子さんの『服を買うなら、捨てなさい』の中で、「あぁ、そうなんだ」と納得し、そして安心したこと、それは
「コーディネートのバリエーションを増やす必要はない」
「自分に似合う服、好きな服だけを着れば良い。違うフィールドであえて戦う必要はない」

という部分でした。
たくさんの服を捨ててみてどれだけ自分が「バリエーションの呪い」にかかっていたか気づかされました。
特に「好きなわけでもないけど新しいパターンを開拓してみたいから買ってみようかな」だなんて、「呪い」そのものですよね。

寝巻きを入れていた2段と、夏服をしまっていたボックスが空になったので、今日のところは合格。

f:id:naomilife:20160130221325j:plain

ただ、どの季節に何が何枚必要かわかっていないのでまだまだ夏のカットソーだけでも30枚はありそうです。
今後はもう一度、上記ルールに則って選別し、さらに、どの季節に何を何枚所有していたら
自分にとってベストか考えていきたいと思います。

次の季節どんなコーディネートをしたいか、自分の今の気分はどんな服か、そろそろ考えていかなきゃ。楽しいですね♪