ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

手放す決心ができないもの(反省文)

手放す決心ができないもの。

それは履いていない靴…

少し前に大量の服を処分したときに、靴もだいぶ処分したつもりでしたが
普段履く靴が決まっていると、履いていないものの存在が目立ってきました。

私は外反母趾でさらに腰痛もちのため、快適に履ける靴が限られています。
が、靴(しかもヒールのあるもの)が大好きで・・

・先が細い
・素材が硬め(エナメルなど)
・底が薄くて歩くとコンクリートの硬さが腰に響く
・履き口が足の甲に食い込んで歩くと痛い
・ヒールが高い+外反母趾部分に一番体重がかかる

 (ヒールが高くても、足の裏全体にうまく体重が乗るものもある。)
・かかとがゆるく、歩くと抜ける

このような靴はどんなに気に入って購入しても
必ず履かなくなります。
甲全体を覆っているブーティや、ストラップがついて固定してくれる、
ヒールが太く安定しているものなど、
履いていない靴にも全部、「頑張って選んだ証」はあるのですがね・・
ちょっと×な部分があるけど我慢できそう、
なんて思って買ってしまった靴がたくさんあります。

我慢してまで履いていきたい場面なんてそうそうないし、
そういう靴って選ばないからきれいなままで、
余計に処分しづらいんですよね。
特に私、旅行の時に旅先で靴を買ってしまう癖があって、
思い出が邪魔をしてさらに処分できないのです。

そんなわけで週末、もう選ばれることはないだろう靴を一気に処分しようと
意気込んでいたのですが、
使わないものに対してお金を使ってしまった自分への後ろめたさも手伝って
結局一足も処分できなかったのでした・・