ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

無印良品週間 おすすめしたいもの。

世の中は無印良品週間なのですね。
私は無印初心者なので(今年1月までほとんど買い物したことありませんでした)
初の無印良品週間でわくわくしていましたが、
買いたいものが思いつかず、恩恵に預かることができなさそうです。
店へ行けば何か見つかると思うのですが
行くと急に買い物欲が湧いてくるので自粛自粛・・

代わりに私のおすすめなど。

1月初旬に、IKEAで購入した大きな水切りかごをなくしました。
とはいえミニマリストのみなさまがやっているような
完全撤去はハードルが高く、考えた末に今はこの2つをセットで使っています。

ステンレスワイヤーバスケット
約幅37×奥行26×高さ8cm
www.muji.net

落ちワタふきん 縁カラーつき
www.muji.net

このバスケットの下に、落ちワタふきんの青を敷いています。

毎回必ず全部の食器を拭けばよいのですが、
タッパーウェアの蓋など、細かいところに水が溜まる形状のものや
木製のもの(お椀やヘラなど)は
やはり少し自然乾燥させてからの方が良いという個人的好みにより
この形に落ち着きました。

使えなさそうだったら靴下入れにでもしようと思って購入したバスケットですが
水切りかごとして本当に優秀で、もう絶対に手放せません。
このバスケットのいいところは何よりも背が低いところ!
目線を遮らないためか、調理台全体がスッキリしてみえます。
底の網の部分がわずかですが段差になっているので
平皿を立てかけることもできるんですよ!
22cmくらいの平皿なら余裕です。

ちなみにふきんの青はバスケットの下敷き、
白は食器拭き、赤はパン作りのときの乾燥防止用にと使い分けています。
縁カラーなしと迷ったのですが用途別に使い分けできたので
カラーありにしてよかったです。

食器を拭くのもこれまではペーパーを使っていましたが
予備を置くのも場所をとりますし、
買いに行くのも手間だったのでふきんに変えて本当によかったと思っています。
給水力も紙とは全然違います。


というわけで履いてもいない靴も感情に流されて手放せないダメな奴ですが
猛烈におすすめしたい2つのご紹介でした。

水切りかごを撤去したいけど完全撤去はできなさそう・・
でも邪魔だし、困った、という方の参考になったらうれしいなー