読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

今年の春夏は服を買わずに過ごそうと思う。

ワードローブ

不思議と言うか当然と言うか、
知らなければほしくならない。
知らなければ、今の自分の持っているもので満足できる。
新しいものと比較して、これのここが劣っているから買い換えなければ
なんていう気持ちになることもない。

それなのに世の中には
なんと多くの情報が溢れているのでしょう。

テレビニュースのアナウンサー。
街を行く人。同僚のオシャレさん。
流行とマストハブを教えてくれる広告、雑誌、インターネット、メールマガジン

ありとあらゆる方法で世の中は
私にお金を使わせようとしている、なんて
ちょっとかわいくない見方をしてしまうくらいです。

私の興味はどちらかというと外向きで、
今の自分の所有しているものそっちのけで
新しいものを常に探してしまうという
シンプルライフとは程遠い困った癖があります。

どんなに欲しくて手に入れたものでも、
手に入れた瞬間にある程度目的達成したような気分になってしまうという。。

けれど今年に入ってシンプルライフを目指し、
服を制服化するようになり、
モノを買うときはきちんと悩んでから買うようになりました。
これを買えば私は必ず今以上に素敵になれる!という熱のようなものに動かされて
買い物をすることも少なくなりました。
限られたアイテムしかないなら、自分の大好きなものを持っていたいという気持ちが強くなりました。

この春夏は、自分の手持ちのアイテムを、
どれも、これのここが大好きと言えるように一点一点点検したいと思いました。
どれも手に入れた時は大好きなポイントがあって輝いていたはず。
他に目移りして見えなくなっているその大好きポイントを探してあげたいなと思います。

シンプルライフとは、今の自分の持っているモノたちを慈しむ気持ちから始まるものなのかもしれません。

そういえば、私は全く家電製品に興味がないので、
自分の持っている携帯電話がいくら古い機種になっても、
壊れることがなければ買い換えようという気にはなりません。
(今回は金額的なことで壊れる前にSIMフリー携帯に変えましたが)
前使っていたiphoneは買って4年は使ったでしょうか。
どんなに新しい機種が出ても負けじと健気に働くのを見ると
愛着が沸いちゃったりして。
3Gだろうがカメラの性能がいまいちだろうが、画面が小さかろうが
まだそれ使ってるの!?と驚かれようが
すごく大事にしていたのを思い出します。
カバーも、最初に買ったものを最後まで使っていました。
あのiPhoneのように、使い切った!と言えるモノを増やしていきたいです。