読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

ビルケンシュトックに慣れるまで。

先週購入したビルケンシュトック
naomilife.hatenadiary.jp

昨日が4回目でした。

外反母趾が痛くない、ものすごく履き心地がいい、
たくさん歩いても疲れない、というイメージがあったのですが、
最初すごく痛くて…

思わず「ビルケンシュトック 痛い」で検索をしてしまったので、
いつか誰かの役に立つことを願って記事を書いてみました。

私の足

・幅が広い
・甲が高い
外反母趾
・内反母趾

ビルケンシュトック ロンドン

私が購入したのは、
ロンドンのノーマルタイプ・新型です。
ビルケンシュトックには幅が広い(ノーマル)、
狭い(ナロー)2タイプのワイズがあります)

※昨年から型が変わったそうで、今出ているものは旧型に比べて幅が狭く、
甲が低くなっているそう。がーん
旧型の在庫が残っている店舗で実際に履いて比べてみると、
旧型は足先が大きくドナルドっぽさがありちょっと気になりますが
新型はだいぶスマートに。
レザーもスムースからオイルドに変更されています。
オイルドでもクリーム&ブラシでお手入れすれば
ツヤが出ると教えていただいたので
形が気になると履かなくなると思い新型を購入しました。
(足型で新型でも無理なく入ることを確認してもらいました)


1回目・2回目(通勤に着用)
初めての着用が長時間というのは朝悩みましたが、
さすがビルケンシュトック
これまで履いていた靴よりかなり横幅に余裕があり、
外反母趾と内反母趾が全く傷みませんでした。

ただ、ものすごく痛くなったのが左足の側面。
インソールにとにかく当たり、歩くたび響くような痛みがあるため
足が全体的に重くなり、かなり疲れもありました。

また、ロンドンはベルトを締めて履くタイプなのですが、
革が伸びずちょうどいい地点で止められないため踵が浮き、
歩きづらさもありました。靴擦れもできました。

家に帰って脱いだときは「やっと脱げるー!」と開放感を感じたくらいです。

もしかして失敗かも…という悲しい思いが頭をよぎります。

ビルケンシュトック 痛い」で検索して調べたところ、
ビルケンシュトックのインソールはコルクでできていてやわらかく、
必ず自分の足の形に合うように沈んでくるので大丈夫、との心強い一文を発見。

3回(短時間の買い物に着用)
ベルトが少し伸びてきたかも!と思う。
が、ぎりぎりのところで次の穴に届かず。
足の横の痛みは少し軽くなったような気がする。

4回目(通勤に着用)
ベルトの穴が一段階狭いものに届いた。
甲の押さえがちょうどよくなったためか、靴の中で足が動きづらくなり、歩きやすい。
同時に足の横の痛みがほぼなくなりました。
あとは慣れだと思うので、さらに痛くなく履けるようになると思います。
急激な変化にびっくり。
これなら一日外出する時にも履いていけそうです。

結果
個人差がもちろんあると思いますが、
私は4回目で足が合うようになり、快適に履けるようになりました!
買ったばかりで、痛くてどうしよう・・と思っている方!
インソールの形とレザーのやわらかさが変われば
履き心地にかなりの差がでますので、がんばって履き続けてください!
(そもそも靴のサイズが合わない場合は難しいかもしれません)