ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

曲げわっぱを使って思うこと

曲げわっぱのお弁当箱を使い始めて、
「おいしそう!」とよく褒められますが、
値段を聞かれて答えると「えー!たかーい!!無理ー!」と
驚かれることも同じくらいたくさんあります。

実際高いんです。
税込みで8,000円ですから、
いくらいいものを使いたいと思っていてもやっぱり贅沢。

「高いよねー」と話をあわせながらも
でもランチを毎日買うよりは絶対安いよね、と思っています。

最近はお弁当を持ってくる人も増えましたが
私がお弁当を始めた頃(おそらく2011年ごろから)は
まわりはほとんど外食かコンビニやお惣菜屋さんのお弁当でした。
もし毎日500円をランチで使うとして
ざっと計算しても月1万円、1年で12万円、5年で60万円…

もちろん家で作っても多少は食材費がかかっているので
60万円丸々差が出るわけではないですが
曲げわっぱなんて簡単に買える額です。

悔やむのは、かなり長い間、気に入っているわけでもない
(いや、それなりに使い勝手は気に入っていたのですが)
お弁当箱でお昼ごはんを食べていたこと。
お弁当とはとりあえず空腹を満たすもの、
そして節約のためのものだったのに
今ではお昼ごはんが楽しみになっていて、
一食500円よりも価値があると思います。

たいして思い入れのない服でも1万円以下なら、
「使えそうだし」と買ってしまっていたときもありました。
その時のお金と曲げわっぱを買ったお金は、
金額は同じでも全く違った価値のあるものだなとも思うのでした。