読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

着るものがない苦痛から解放されました

ワードローブ

ゴールデンウィーク、あっという間でした。。涙
いつか使うかもしれないと取っておいた空き箱類を片付けてすっきりしました。
靴のかわいい空き箱とか、大きな鍋の箱ってなかなか捨てられないんですよね。
まだまだダメですね。

さて、社会人になってから昨年まで、
毎日のように「着るものがない」「○○に合わせるちょうどいい服がない」と
ぶつぶつ言い続けてきました。
目の前にはたくさん服があるのに、
どうして着るものがないのか不思議でした。

今年に入ってから、
プラスチックケース2個分以上の服を処分し、
さらに、ゆるくですが制服化を続けていたら
着るものの数は減ったはずなのに、
着たいのに、日数が足りなくて着られない、という状態がでてきました。

これはこれで、所有している服の数が多すぎるということで問題ですが、
着るものがない!また結局変な格好で出てしまって今すぐ帰りたい、なんて思って
泣きたくなることがなくなりました。

雨の日はプッチのレインブーツと無印のジャージーフレアスカート
トップスはボーダーと決まっているし、
こういう日にはこの服、この靴、とある程度決まったこと(制服化)は
服を増やさなくなる大きな第1ステップでしたが、
制服化することで着られる服の数が限られてしまうので
それならば好きな服を毎日着たいと実感できるようになったのが
第2ステップだったなと思います。
「便利そうだから」という理由ではななく「好きだから」という理由でしか
服や靴を買わなくなったことが大きな理由だと思います。

着たい服が多すぎて着られない服が出てきてしまった
今のこの状態がちょっとストレスなので
どうにか気持ちのよい状態にしていきたい!
もったいないからとっておこう→普段の日にもたくさん着よう、という
意識の変化により、着たい服が増えたような気もします。