ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

心に留めておきたい言葉⑤と、夫婦喧嘩

先週一週間、夫婦喧嘩をしていました。
我が家の夫婦喧嘩は、怒ると旦那さんが黙るタイプなので長いのです・・
精神が消耗します。笑

さて、笑い事ではなく、自分の欠点を痛感させられることになったので
忘れないように書いておこうと思います。

以前からたびたび書いていますが
私は「○○するべき」という思いがとても強いです。
さらに、計画が大好きで何曜日は何をする、と決めることや
決めた内容を確実に遂行することに安心を感じます。
ここ最近は「べき」を少しずつ断舎離できていると思っていたのですが・・・

休日は夫婦ふたりでゆっくりできるように、平日にできることはやる
旦那さんに家事をやらせることのないようすべて自分でこなさなければならない
よほどのことがない限り食事はすべて手作り・・・等々。

勝手に数々の決まりごとを作っていました。
恐ろしいのは全部「私たち夫婦のため」「旦那さんのため」
と思い込んでいた(いる)という点です。

でも実際は違いました。
私たち、こうすれば幸せになれるのよ!絶対そうなんだから!と
理想を押し付けていただけでした。

旦那さんはそんなこと望んでいなかったのに、です。

それなのに私は朝から一生懸命洗濯をしたり、夜キッチンの掃除をしたり、
フルタイムで働いた上に帰っても、体力の限界まで動いていました。

でも当然ながら旦那さんはそんなこと望んでいないので
私が期待するほど褒めてはくれません。
じゃあ頑張りが足りないのかと躍起になって、
なぜこんなに頑張っているのにわからないのかとイライラして、
家の中はキレイになったけれど
予定よりも幸せな気持ちになれない。

当たり前でした。

旦那さん、そして多分自分自身も望んでいることと全然違ったから。
実家や友人や同僚、テレビやインターネットなど
いろいろなところから情報を集めて作った理想像に
むりやり当てはめようとしていただけだったから。

そんな喧嘩の中で言われた言葉。

「自分の理想だけを正しいと信じて、相手の気持ちも考えず、
意見を言われても聞く耳を持たず
自分の理想を押し通そうとするのは自己中だと思う。」


今からでも変われると信じて、
そして先日書いたアドラーの言葉も共に肝に銘じて、
毎日を過ごしていきたいです。

naomilife.hatenadiary.jp