読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

心に留めておきたい言葉⑥

何かの指標になるとか、そんな大げさなものではないけれど
好きだなぁと思う言葉。

愛はお金では買えないけれどチョコレートは買える。
そしてそのふたつはほとんど同じもの。

(記憶なので多少の思い違いあったらごめんなさい!)

ここのところお気に入りのミステリ小説、ハンナ・スウェンセンシリーズで
主人公ハンナの妹のうちのどちらかか
クッキー屋さんの共同経営者のリサが言っていた言葉です。

深いようでいて深くないような不思議なセリフ。
なんとなく元気がないとき、このセリフを思い出して
ついついチョコレートを買ってしまう。笑

だからもし、たまたまちょっと元気のない人がこの記事を読んでいて
この言葉を読んでちょっと柔らかい気持ちになってくれたら
と思って載せてみました。

このシリーズは主人公ハンナが素人探偵として
小さな町で起こる殺人事件を解決していく話です。
(ストーリー自体は軽いので、本格ミステリ好きの方や
現実味を求めてしまう人には不向きな本なので注意!)

次々と出てくるおいしそうなクッキーとお料理ときたら!
シリーズ1話目の『チョコチップクッキーは見ていた』で虜になりました。
ブルックリンにあるコーヒーショップが舞台のミステリ、
クレアシリーズが好きな方は絶対好きだと思います。

今15冊くらい出ていますが、次々読んでいて
どの話でこのセリフが出てきたか思い出せない…