ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

選択せざるを得なかった選択肢で納得するのはムズカシイ

少し前に、美輪明宏さんの名言を「心に留めておきたい言葉」として
記事にさせていただきました。

naomilife.hatenadiary.jp


この言葉、本当に凛々しくて大好きです。
でも、、ある部分において
「自分が満足して納得する」こと、それができない自分がいるのです。

自ら選択しているかそれともそれしか選ばざるを得なくて選んだ結果なのか
というところに大きく差があると思います。

例えばどうしても必要になって新しい靴を買うとして、

・予算2万円で希望に見合った靴を探している。
あらゆるお店を覗いてみたけど形・履き心地共に一番よいと選んだのが1980円の靴だった。

というのと

・予算2000円で収めなくてはならず、仕方なく選んだのが1980円の靴だった。

というのでは、結果的に同じ靴を選んだとしても
納得感がまるで違うのではないかなと思うのです。


じゃあ2万円貯まるまで買わなければいい。
普段から節約して貯金をしておけばいい。

そう思います。
大抵のことは過去の自分の努力や選択で
今の結果があります。

でもね、残念ながら努力や選択ではどうにもならないこともある。
どうにもならず、結果として選ばざるを得なかった結果を、
「自分に納得させる」ということのいかに難しいことか。

特にそれが一般的には「できて普通」のことだと思われているような場合は。。




毎日毎日お昼の時間にママ軍団&妊婦2人の話を聞かされるのはツライ。