読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

20年前のバッグ

20年くらい前の母のバッグ。
ポシェットのように斜めがけもできるし、
ワンショルダーとしても持てる、しっかりとした革のバッグです。
生活環境が変わったりして、しまいこまれていました。

数年前にどうしてもその大きさのバッグが必要になり、
借りたことがきっかけで今度は私が使い始めました。

かなり長い間しまいこまれていたので、
革は艶を失ってガサガサでした。
なんどもクリームを塗って、手入れをして、
ようやく艶が戻り始めてふるぼけた感じがなくなってきたバッグ。
古いものなのでつくりはかなりしっかりしています。

それが先週末、カバン屋さんに褒められました。

「あぁ、あなたのバッグはいいバッグですねぇ。
かなり年季が入っているけれど、とてもよいものだとわかりますよ。
大事にしてください」と
旦那さんにつきあってでかけたファミリーセール会場で
カバン屋さんのおじさんに突然声をかけられたのです。

自分が愛着を持って、大切に
手入れを続けてきたものが褒められたのが
すごく嬉しくて、これから先何年もずっと
使い続けよう、と思ったのでした。