読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

古い年賀状をやっとのことで捨てました

自分の考え方や好みと同じように
つきあう人も年齢や状況で変化があります。
何年も前にはすごく仲がよかったけれど
今はまったく連絡を取らなくなった人もたくさんいます。

こういう風に書くと、なんだかすごく
冷たいさみしい人間のようで、なかなか認めたくなかったけれど
人間関係もその時その時で変化していっていいのではないかなと思います。

変化するのが悪いことだ、と思って
居心地が悪くなってもつきあい続けて我慢することもあったけれど
そんながんばる必要ないんじゃないかなと思っています。

不思議なことに、どんなに時が経っても状況が変わっても、
ずっと仲よくしてくれる人というのはいるもので、
多分それは、わたしは普通よりもずっと少ない数だと思うけれど
数で勝負するものじゃない、というよりも
そもそも誰かと勝負するものじゃないですよね。

そして昨日、ずっと取ってあった年賀状を処分しました。
リアルな世界でつきあいがなくなっても、
年賀状のやり取りだけするというのもわたしの性格に合わないし
それでも、いつかまた連絡が復活するかも、と思って
年賀状を取っておいたのですが
年賀状を取っておいてもいなくても、
また連絡を取り合うようになる人とはなるのではないかなと思います。

必要な人は、人生で必要になったときに現れるもの、と言う名言もありますしね。

毎年、とってある年賀状の束を見て、今年も出さなかった・・
わたしって人付き合いのできないダメなやつ(相手からも来るわけではない)と
なんとなく後ろめたくてネガティブな気持ちになっていましたが
思い切ってシュレッダーにかけて処分してみたらなんだかすっきりしました。