読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

Tシャツが似合わない人

ワードローブ 購入計画

白いコットンのTシャツにジーンズ、フラットシューズ。
初夏の日差しと木漏れ日。

ハードすぎないロゴTシャツにくるぶしが出るくらいに
裾を折ったスキニージーンズにちょっとごつめのスニーカー。
お肉や野菜が焼ける香ばしいにおい、そしてお酒。バーベキュー!

Tシャツがほしいな、と思うたびいろんなシーンが思い浮かんできます。
行きたい場所、やりたいこと、今年こそやってみたいこと。
でもわたしは、自分は”Tシャツが似合わない人”だと気づきました。

Tシャツを着ると上半身がもっさりして格好悪い

太っているわけでも、胸が大きいわけでもないし、猫背なわけでもないのに
なぜかもっさり、姿勢の悪い人に見えてしまう。
二の腕が太いから?あ、これが一番の理由かも・・
Tシャツは二の腕がすらっとしてこそ素敵に見える服なんだな。

Tシャツを着ると若作りっぽく見える(ような気がしてしまう)

ぱっと見歳より若く見られることが多いのですが、
若く見えるからって若者の服を着て歳と服が合ってないわ、と
思われるんじゃないか(自意識過剰!)と思ってしまって
どうにも自信が持てません。

Tシャツに書いてあるロゴやフレーズの意味がどーーしても気になる。

HOLLYWOODとかSUNNYDAYとかSMILEとか・・
雰囲気を出すためのものなのでわざわざ読まなきゃいいんですが、
えっ?ここアメリカの西海岸じゃないし・・
30代でSMILEって言われてもね・・って試着してる自分に突込みが入って
一気に買えなくなるのです。
ほかの人が着ているのを見ると、読むわけでもなく「かわいいなぁ」って思うだけなのに・・

夏服を考えるにあたり、わたしの中で自然と夏=Tシャツという構図ができあがっていました。
いいTシャツさえあれば、すばらしい夏になるはず、という思い込みもあると思います。
でも考えているうちに上記のようなことに思い至り、つまりわたし、Tシャツのある風景は好きだけれどTシャツは得意ではないんだな、卒業だ、という結論に達したのでした。

そういえば若い頃からTシャツに違和感ありましたが若いうちは似合おうが似合うまいが若さで乗り切れる、けど30代もなかばになるとそうもいきませんね。


今年からはリネンのTシャツ(ブラウス?)にしようかなと思っています。
リネンならアイロンかけなくてもいいし!