ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

これはもう病気としかいいようがない、かもしれない・・・

洋服がだいぶ片付きました。冬服は、着ないのに所有している状態の服がほぼなくなりました(親に買ってもらったので処分できない服が一着)。この調子で苦手な春夏も冬服とおなじ状態にもっていけそうな気がしています。
靴もあれだけあったのに、気づけば旦那さんよりも少ないくらい。(とはいえフル稼働していない靴が残っているのでこちらもあとは気持ちの踏ん切り待ち)

いよいよ最大の難関、バッグに手をつけるべきときがやってきた。

リストにしてなんと35個!恐ろしいことに実際に置き場を見ずに書いての数なので、実際はもっと出てくると思います。
しかも処分できるものにチェックを入れてみても減らせるのが5個くらいしかないという・・

そもそもなぜこんなにバッグが好きなのか??増えるのか??捨てられないのか??

バッグは体型の変化にも歳の変化にも(ふりふりのついたビニールのバッグとかはもうさすがに勢いでは持てないけど)、季節にも(特別な素材のものは別)左右されないため、買いやすいというのがまずあるかなと思います。
また、何かを達成したからと自分で買ったり、お祝いで誰かに貰ったりすると服よりも特別感がある(そもそも自分へのご褒美がNGというのは置いておいて)。ような気がするのです。アクセサリーよりは日常的、洋服よりは特別、という位置づけでしょうか。

また、通勤用・近所の買い物用・ショッピングに行く時用・お花見用・散歩用・友達と会うとき用・冠婚葬祭用・結婚式の二次会用・ピクニックに行く時用・一泊の旅行用・温泉旅行用・・・と買うときに用途の言い訳がしやすいのもバッグが増える一因だと思います。自分で書いていても意味がわからない用途ありますが笑。年に一度あるかないかの用途を設定して買っても結局その時がくるといつも使っている使いやすいバッグを使ってしまったりして。

捨てられない・手放せないバッグには共通点があります。それは家族や親戚がくれたもの。これは。。時が来たら手放せるのかな。もらって、よく使ったものは「その役目を終えたから」と手放せそうな気もしますね。

分析はこのくらいにしておいて・・せめて3分の一を目指してがんばりたいと思います。