ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

グルテンを減らしています

ハリウッドセレブでもないわたしにはグルテンフリーなんて一生関係ないものかと思っていたけれどもしかしたら少なからずわたしにもグルテンが合っていないような気がしています。
わたしはパン教室に通ったり、歩いていてパン屋さんがあると必ずショーウィンドウを覗きこんでチェックしなくては気が済まないぐらいパンが好きでした。朝ごはんは必ず食パンにピーナツバターもしくははちみつもしくはシナモンシュガーを塗って食べていたし、お弁当を持っていけない日のお昼に選ぶものナンバーワンはパンでした。パンだけでなくシリアルやコーンフレークも大好きで、朝ごはん=小麦でできたものを食べていました。

わたしの朝の悩みはおなかがゆるくなってしまうこと。そして時々、腸が絞られるような立っていられないほどの痛みに襲われることでした。実家にいたときからずっとパンかシリアルだったので食べもののせいだなんて考えたこともなく、朝の支度で忙しく動きまわっているのが原因だとばかり思っていました。

過去形なのは今年に入ってからパンを食べる機会が減ったから。年始、お正月の残りがもったいなくてお餅を朝ごはんに食べるようになりました。そうしたら、なんとなくおなかの調子が良い気がするのです。

朝ごはんをお餅にしてから実感している変化
・おなかがゆるくなくなった
・腹持ちがよく、必須だった午前中のおやつを我慢できるようになった
・いろいろなことをやってみよう、という気力が湧いてきた
・今年は腹巻きなしで冬を乗り切った!
※当然のことながら、これは個人の感想で、効果を約束するものではありません

気のせいかな?ただ単に体調が良いだけかな?とも考えたのですが昨日、久しぶりに昼食でピザまんとあんまんを食べたところ久しぶりのあの”なんとなくの体調不良”を味わい、どうしても必要でない限りはグルテンの入ったものは避けようと思ったのでした。

友達とお茶する時にはもちろんドーナツやケーキを食べたりするし、大好きなクッキーやビスケット類は心持ち減らす程度でフリーにはほど遠く、ほぼ毎日食べていますが自分ルールでゆるくやっていきたいと思います。
本気でフリーにしようとしたら、お醤油までも避けなければならないとか!

小麦自体が悪いのではなくて、現代の大量生産大量消費にあわせて改良を重ねに重ねた小麦を使った食べ物が出回っているからという話もあるようです。だからといって、小麦は悪者!小麦を食べる人の気が知れない!とはもちろん思いません。(自分も減らしたとはいえ普通に食べてるし)どうやら自分には合っていないようだから少し減らしてみようという程度です。

目下の悩みはパン教室のチケットが残り3回分も残ってること。どーしよ。