読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

時を逃すな、若者よ

わたしの生活 ワードローブ

今、夏服の整理をしています。夏服は薄いので見た目よりもずっと多くの枚数を持っていたことにびっくりしています。形が合わなくなってしまったもの、自分の好みが変化した為に感覚的にしっくりこなくなっているもの、当時は大好きで「何か大切な用事があるときのためにとっておこう」と思っていた服だったはずなのにいつの間にかその気持ちがなくなってしまっているもの、手放す対象になった服がまだ片付けの途中なのにたくさんあります。

もし「もったいなくて着れない病」になっている若い子がこの記事を読んでくれていたら、声を大にして言いたい。

大事に大事にしているその服は、いつか必ず自分に合わなくなる時がきます。自分の体型、顔、ライフスタイル、好み。絶対にどれかが変わって着なくなる時がやってくるから、似合うと思うその時に、ちゃんと着倒さないともったいないです。
今日は別に好きな人とデートの日じゃないから、って無難な服を選ばずに、大好きな服を着よう。一週間に二回同じ服を着たって、全然恥ずかしくないよ。(ここはまわりの人の雰囲気にもよるかもしれませんが・・2回同じ服を着るといろいろ言われるくらいなら、服(無難服じゃなくて大好き服)を増やすほうをわたしは選びます。。)

ちなみにわたしが着られなくなった服は、ほしいと言ってくれる人にあげることが多いです。シンプルで、柄やフリルなど着られる年齢が限定される服が少ないのが幸いして母や叔母が欲しいと言ってもらってくれることが多く、活用されている様子を見られるので嬉しいです。


昨年6月にもこんな記事を書いていました。

naomilife.hatenadiary.jp

昨年よりもさらに実感してこう思うのは、シンプルライフ実践のおかげでしょうか。そうだといいな。