読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

いつも同じ服着てる人、と思われたい

ワードローブ

あの人いつも同じ服着てる、でも清潔感あるよね、と思われるようになりたいな、と思っています。

1月から部署に入ってきた派遣さん(推定40台後半)は濃いグレーのウールのスカートにラベンダー色のセーター、もしくは濃いグレーのウールのスカートに薄いグレーのセーター、それに黒のタイツと黒の靴を履いています。別の方は、いつも白と黒の2色だけを使って重ね着してコーディネートしています。ふたりともいつも同じような服装なので、もし二日連続同じ服を着ていても気づかないだろうと思います。でもなんとなく清潔感があって、本当に二日連続同じ服を着ていても特になにも思わないだろうな、という。

腹黒いとよく言われますが「あの人ってこういう人」っていうブランディングって結構大事だと思っています。あの人は面倒なことを頼んでも嫌な顔をしない、というイメージを持ってもらえれば、一度断っても嫌な印象をもたれずにすむし、いざというとき頼りにしてもらえます。逆に、いつも引き受けてもらえるけど嫌な顔する人というイメージがつくと話しかけることさえちょっと敬遠されてしまう。

どうやって自分のイメージを作ったらいいのかな?

服装の面においても「あの人ってこういうひと」というイメージを作るには…まずは自分の好きなスタイルを確立しなければならないと思います。例えばわたしの好きな冬の服装は、ざっくりしたニットにワイドパンツ×スニーカー、もしくはフレアスカート×ブーツと決まっています。増やすとしてもそれに合うものしか買わないので、テイストが一貫していて、結局使わなかったということがありません。
問題は多分今日から本格的にやってきた春と、夏。春から夏にかけてはそれがないのです。(ずっとこればっか言ってる気が・・)
だからいろいろなテイストのアイテムを買ってしまったり、選びきれなくて手元に残してしまったり。持っているものがバラバラだから一貫性がなくとても使いにくいのです。

なるほど。「好きな軸がない」というのが一番の問題であるとわかってきました。軸がないんだからブランディングできないのはあたり前だよね。昨日はナチュラルかと思ったら今日はOL風、でも足元がヒールじゃなくてなんだか変ね(ヒールを持っていないので)、とならないように早く好きなテイストを決めなければ!と思います。あぁ~正直なところ、春夏に着たい服とかしたいコーディネートとか、あんまりないのよね・・(それってそもそも、どうなの!)