読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

冬のごはんじたく

おなかがすいた。おなかがすいた。朝10時からそればっかりで、何度もおやつを食べようとしたけど12時まで我慢できた。やった!小さな達成感。ふふふ

モノを減らすと暮らしそのものもすっきりする。ミニマリストには程遠く、かなりのんびりと断捨離を続けているわたしですが、これだけは実感しています。
写真がないのが残念ですが、2年ほど前にはキッチンカウンターの上は雑多なものが所狭しと並んでいました。お菓子や果物を置いておくかご、ルクルーゼのキッチンツールたて、ちょっとおしゃれな瓶に入ったはちみつなど、いろんなものを並べて置いていました。
そんな当時の毎日のごはん作りはもうしっちゃかめっちゃかで大変な騒ぎでした。会社からの帰り道で献立を決め、スーパーに寄って、大急ぎで帰宅。一息つくまもなく夕食の準備。片づけが終わる頃には疲れ果てていつもイライラしていました。その頃のお弁当はタッパーを使っていたし残り物を無理やり詰める感じで彩りも悪く、旦那さんからも持っていくのを断られていたっけ・・笑。
置いてあるものが多いから掃除も大変だったなー。いちいちどかすのが面倒で、今の倍くらい、掃除に取り掛かるまでの気合いも必要でした。

カウンターを一掃し始めたのはちょうど昨年の冬、水切りカゴをやめて無印良品のステンレスのかごに替えた時でした。掃除にかかる労力も時間も格段に減りました。同時に、昨日記事にしたようになぜか普段の食事に対する考え方もかわり、食事の準備作業でやらなくても大丈夫な部分が断捨離されてとても楽になりました。

今日記録しておきたかったのは、冬の夜ごはんの話。冬は食べ物が痛みにくいので具だくさんスープを日曜日か月曜日につくり、冷蔵庫保存しつつ毎日よく火を通して木曜日くらいまで食べます。(賛否両論ある食べ方だと思います。賞味期限が1日でもすぎたらどんな食べ物でも絶対に捨てるという同僚からは「信じられない!無理!」とまったく同意を得られませんでした。)
よく作るのは、
・豚汁(豚バラ肉、お豆腐、ねぎ、こんにゃく、大根、にんじんなど)
・トマトスープ(ベーコン、たまねぎ、にんじん、豆の缶詰など+トマト缶)
・ポトフ(ウィンナ、たまねぎ、にんじん、きゃべつ、豆の缶詰など)
の3種類。豚汁は豚バラのかわりに鶏肉団子を入れたりしてもおいしい!

ポイントは、
・具材にお肉っぽいものを使って満足感を出すこと
・大き目の器を使うこと

具だくさんスープと、たきたてのごはん、納豆さえあればあとは焼き魚やしょうが焼きなど調理が簡単なものを作るか、時間がなければ買ったお惣菜でも立派な夜ごはんになると思っているので、夜ごはんを作ることに対する負担が大幅に減りました。
何日も同じものを食べて飽きないの?と思ったら、具材を途中で足していくことをおすすめします!(3日目の豚汁に豆腐を投入したり、ポトフにセロリを加えてみたり。基本は同じですがこれだけでだいぶ雰囲気変わります)

夏になったら・・あったかいスープが使えなくなってしまうことが目下の悩みです。