読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

もはや新婚ではないけれど、今、新婚と同じくらい楽しいよ


昨日の記事、読み返すと恥ずかしい・・でも実際ああでしたから本当にヤバかったなと思います。イライラしてばっかりで全然かわいくない新妻にずっと我慢してくれた旦那さんには本当に感謝しています。ありがとう。
変わりはじめたのは昨年の冬の「水切りカゴ撤去」以前から始まっていたかその後からだったか・・1年くらいかけてゆっくりと、大きく変えた習慣は大きく数えてたったの3つです。

変えたのは、

・休日の家事を最小限にするために平日にまわす
キッチンや洗面所・お風呂場など念入りに掃除するのは休日と決めていましたが、平日がんばることにした。普段から物を置かないようにするなど、こまめな掃除がしやすいようにして念入り掃除時の負担が少なくなるようにしています。

・朝、少しでも家事ができるよう早起きと洋服の制服化をする
平日掃除をがんばるといっても帰ってからは絶対にやりたくないので朝派です。30分早起きし、着る服の制服化をすることで時間を作っています。時には靴やバッグの手入れをする時間まで作れて、そんなときはちょっとした達成感★
 
・毎日の食事作りを頑張り過ぎない
うちはレストランではないのだから代わり映えしない献立でもじゅうぶん。と割り切ってメインの食材を「制服化」しはじめた。冷凍食品やお惣菜を使うことに罪悪感を感じるのをやめた。冬場はスープや豚汁で、「すでに一品ある状態」をつくるようにした。がんばりすぎる人は「割り切る」のが多分苦手な人。すごく真面目だから納得しないと意見や考えを変えられないのだと思います。冷凍食品やお惣菜を使うことに納得する理由を見つけるのはなかなか難しい。だからわたしは割り切ることにしました。

こんな変化がありました!

・休日旦那さんがお昼過ぎまで寝ていてもイライラしなくなった(むしろ一人の自由時間♪)
・休日に旦那さんと1日遠出できる余裕ができた
・むしろ二日とも出かけても問題なし!(体力は要考慮)
・旦那さんが平日に甘いものをおみやげに買って帰ってくれることが多くなった
・服など、モノが減った(モノがたくさんあるとやることが増える)

変える前よりずっとがんばっていないのに、暮らしが楽しくなったし夫婦仲もよくなりました。あんなに自分を追い込んでいたのは自分(というか自分で設定した自分ルール)だったんだなと思います。他人は変えられないけど自分は変えられる、とよく言いますがようやくその意味が本当に分かった気がします。

通勤電車は相変わらずわたしの中で大きな苦行ですが北欧ミステリに助けられてなんとか耐えています。こればっかりは職場を変えない限り解決されない悩みですね。



慣れない新婚生活に押しつぶされそうになっている誰かが読んでくれて、がんばりすぎなくなってくれたら、いいな。