ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

買い方が変わってきたかも!

3月のまとめも、4月の意気込みもまだだけど、進歩したような気がすることが起こったのでメモ。

買い物に行って、必要なものリストには入っていないけれど猛烈に好みのもの(大好物のバッグとしましょう)に出会ってしまったとします。
ちょっと織りが凝った布でできたミニバッグ。でも金額的に少し高めでその日は諦めます。(ここまでは前もできてた)

何ヶ月かして、必要なものがありそのお店に行きました。なんと!そのミニバッグが半額になっている!!
買う?買わない?買う?買わない?どうしよう!
熱が出たみたいに急に暑くなってきます。買うはずだったものはそっちのけです。

実を言うと、前ほどほしいとは思いませんでした。でも、前あんなにほしかったものが50%引きになっているなんて、買わないと損なような気がするのです。というよりも、それがわたしの気持ちの大半を締めています。
結果、そこまで高いものでもないし、なにより安くなっているしと言い訳してレジまで行っていました。

そうして買ったものだから、あまり出番がないのだけれど出番がないから劣化もせず、好きではあるから誰かにあげる決心もつかず、手放すに手放せず結局しまい込んだままということになるのでした。

損した、と思うくらいなら買ってしまえと思うのは性格なのかな??バッグの魅力ではなくて、損したような気になるのが嫌だから買う、なんておかしいですよね。

今日またこのお馴染みの場面に遭遇してしまったのですが、「試しに棚に戻してみよう」と思い直すことができました。
棚に戻した途端、おかしな呪縛から説かれたようですっきりとした気分になりました。

買わない選択をした自分が、すこし、成長した気がした新年度でした。