読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

気づいたら、衣装ケース2個と洋服ダンス5段分の服を減らしてた

気づいたら、衣装ケース2個、洋服ダンス5段分の服や小物を減らせていました。(それでも全然ミニマリストにはほど遠い数の服や小物を持っていますが!)
気づいたら、と書いたのはそこまで減った実感がないからです。手放さなければよかったと後悔したものがほとんどないのが逆にショック・・。
本当に決まった服しか着ていないものなんですね。そして、ここ数ヶ月”着る服がない”という思いをしたこともありません。服を持っていた頃はいつもそう思っていたのに・・!そう思わなくなっただけでものすごく日々のストレスが減った気がします。
あとはなければないなりに、持っているもので工夫して間に合わせるという意識が自分の中に芽生えたのも大きな変化でした。例えばワンピースが一着しかなくても、アクセサリーや靴を工夫すれば普段着にもちょっとかしこまった場所にも対応させられます。以前まではこういう工夫まったくなしに、ないと思ったら買う、ということを繰り返してしまっていました。

そしてほかにも変化したこと。それは”もったいないからとっておこう”という感覚が生活のあらゆる場面で減ったこと。
もったいないからこのお菓子取っておこう、もったいないから新しい靴下ではなくて穴が開きかけのこっちを履こう、もったいないから新しいタオルをおろさないでごわごわを使い続けよう・・持っているのに”もったいないから”と食べなかったり、使わなかったりすることがとても多くて結局無駄にするようなこともたくさんありました。果物が熟れすぎたり、最悪の場合腐らせてしまったり!、賞味期限を過ぎたり、使いたい時期や年齢を逃したり、、もちろんそれらを保管しておく場所も必要ですしね。

おいしいものはおいしいうちに食べる、使いたいものはその時に使い切る心意気でたくさん使う。
これができるようになって生活がすごく潤っている気がします。それに逃したときのショックを味わわなくていいから気分もすごくいい。なんだかなにかから開放されたみたいで気持ちがいいなぁ。