読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

やっぱりグルテン向いてないかも

昨日久しぶりに同期の女子とランチをしました。百貨店でやっている催事でパンを仕入れ、食べよう!ということに。もともと、パン大好き人間です。普段控えているから今日くらいはいいか!と食べる口実ができたことにちょっとほっとしながらクロックムッシュとクロワッサンを春の日差しの中でむしゃむしゃ。あぁ~やっぱりパンっておいしいですね。クロワッサンなんて「ナニコレ!」のおいしさですもの。(たぶん「ゴントランシェリエ」)
でも、夜になったらなんだかおなかの調子がおかしい・・ガスが溜まっているような感じがして苦しいし、痛いのです。しかもやたらと疲労感。

もしかしたらたまたまかもしれないけれどグルテンが苦手な体質なのかもしれないと改めて感じたのでした。それに、もしかしたら、こいつが悪さをするかもしれないと思いながら恐る恐る食べるパンは心からおいしく感じられないものですね。
なにしろきちんとパンを食べるのは今年に入って初めて。外ランチのときに提供されたり、パン教室で作ったものをすこし食べたりはするけれど、満腹になるまでパンを食べる機会ってやろうと思わないと意外とないものなんだなぁ。昨年はおやつ代わりに4個入りのロールパンを買って、昼前と夕方にふたつずつ食べたりしていましたから、おそろしいです。(しかも朝ごはんにもトーストを食べた上で。)

パスタもうどんも大好き。でもそれもこの数ヶ月間と同じように、選べるならば別のものを。やむを得ない場合はおいしく頂く、自分なりのルールでいきたいと思います。でもパスタもうどんもドーナツもビスケットも、パンと比べると体調に影響がでないんだよね~なんでだろ!グルテンの問題ではないのか、パンに含まれているグルテンの量が他と比べて多いのか・・

全然関係ないけれど、現在生産されている小麦は遺伝子研究によって大きく品質を変えられているものだそう。だからわたしのように体調に影響が出るのだそうです。

現在の小麦が本物の小麦なら、チンパンジーは人間だと言うようなもの

とは、ウィリアム・デイビス氏の言葉。