ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

おいしい、うれしい、いいにおい、思うだけじゃなくてちゃんと声に出そうと思う

気づけばもう5月!!3月のふりかえりもせぬうちに・・!飽き性の自分にはシリーズ物は無理かもしれない・・

最近心に余裕がある時に意識していることがあります。それはポジティブな感情になったときには、思うだけでなくてちゃんと口に出して気持ちを言うこと。大好物のチョコパイを食べたら「今日もおいしすぎる!」、散歩途中にきれいに花が咲いてたら「きれい!」お風呂上りのマッサージオイルって「いいにおい!」それにすっごく「いい気持ち!」。
口に出して言うとその声が耳から入ってくるせいか、余計にそう感じられるようになるから不思議です。同じ原理で夜化粧水をつけるときには「おつかれさま!今日もがんばって偉かったよ」と声をかけるようにしています。誰に?自分に。笑
気持ち悪いけど、他人に褒められるのを待つより自分で褒めちゃったほうが早いかなと思うのです。

わたしはすぐにイラっとしてしまうタイプで、例えば前を歩く人が歩きタバコをしているだけで、わたしの頭から本当に湯気出てるんじゃないか?と思うくらいイラッとしてしまいます。(心がせまくてすみません!!)歩きタバコは本当に大嫌い。ほんの一部の人たちのマナーの悪さのせいで喫煙者全体が悪い、みたいな風潮になってしまっているのが残念でなりません。あと、歩きタバコは条例で取り締まると言っていたのに今はまったく取り締まっていないことも腹が立つ。やるやると言って100%取り締まらず中途半端なのが日本という国をあらわしている気がします。っておっと、なんだか大きなこと言っちゃったわ!

話が大幅にずれてしまった。そう、そういう時は道に咲いている花に目を向けて「あら、キレイ」ってちょっとつぶやいてみるだけでなんとなく心が晴れてくるような気がするのです。頭がかっかしている時に心で花のきれいさなんて感じられないから、あえて口に出して脳をだましてみるというか。本当にイライラしているときは、難しいですけどね。まだまだ修行です。