ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

モノの値段

最近よくモノの値段について考えます。
例えば車。車を自分で作ろうと思ったら、原理を学んであらゆる部品を集めて組み立てないといけない。
わたしの大好きな曲げわっぱ。木を切り出すところから始めなくちゃいけない。
歩きやすい靴。自分の足に合う木型をごりごり掘らなきゃなんない。革を切ったり縫ったり、その前に素敵なデザインを考えなくちゃならないし!
食べ物も同じ。肉や魚を食べたいなら自分で捕まえに行ってさばかなきゃいけないし、野菜も苗から育てなきゃ食べられない。
飲み物なんて水汲みから・・!?恐ろしい・・
だから世の中のたいていのモノはちゃんと価値と値段が釣り合っているんじゃないかなーと思うのです。

でも世の中にはまったく釣り合っていないものももちろんある。身近にあるものでその代表が服だと思っています。自分は何がほしいのか、何にならばお金を払えるのか、何に価値を覚えるのか。きちんと考えておかないと、とんでもないものにお金を使うことになってしまう。企業や広告に踊らされて買いものをすることほど無駄なことはないと思うのです。