ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

大事なお金で、痛い靴を買ってしまうのはなぜだ。

靴って、わたしの中ではかなり特殊な位置を占めている買いものです。3万円以上払っても一度履いてもう二度と履けないこともあるし、ほぼ賭けのようなもので。合わなければ「仕方ないね、靴だものね」で済まされてしまう。ほかのものだったら絶対にそんなものを買ってしまった自分を許せないのに。

なぜ痛い靴を買ってしまうのか?知識がない自分が悪いのはもちろんですが、店員さんにももう少し知識があればよいのに、と思うのです。販売している人なのだからある程度はプロなのだろう、と思ってしまうのがそもそもの間違いなのか・・・。
履いた足の横や前をちょっと触って「あ、サイズぴったりですねー」って言うだけ。ちょっときついかも、と言っても「今夕方で一番足がむくんでる時ですからね」とか「革だから伸びますよ」とかしか言ってくれない。ひどいときは履いている様子をただ眺めているだけということもあります。ビルケンを買ったときも中敷がコルクでできているから足に合うようになるまで少し痛い時期があるということも教えてもらえなかったし、、。これまでの人生で当たった店員さん運がなかっただけかもしれないけど、これまでいったいどのくらいのお金を無駄にし、靴を投げ捨てて帰りたいぐらいの痛みと戦ったことか!ハイヒールを履きたいのに履けない悲しさを味わったことか!ハイヒールを履くときは痛みや靴擦れと引き換えと信じ込まされてきたことか!

なぜこんなことをつらつらと考えているかというと、神の店員さんがいなくなってしまったらわたしはどこで靴を買えばよいのかと思って。たまたま神の店員さんに会って、合う形を教われたからよかったけれど、会えなかったらひたすら賭けのような買い方をしなくてはいけないのかなぁ。正しいアドバイスをもらえるところって身近にはないんだなぁ・・。メガネ屋さんで合う度数のレンズをお客さんに勝手に選ばせて買わせるところなんてないのに、靴はそうじゃないなんておかしいよ。

百貨店などでシューカウンセリングを利用する、という手はあるけどそういうのじゃなくて・・全体的な底上げを希望します!(誰に対する主張。笑。でも切実なんだよぅ~!!)