ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

『猿食べたら虹が出た』

お金がないと、きれいな服がないと、最先端のスマホがないと、、、いろいろなモノを持っていないとわたしたちは幸せじゃないと思わされているんじゃないだろうか。

『陸海空 地球征服するなんて』スペシャルを観て一番強く感じたのがこのことでした。

部族の人たちはみんなぼろぼろのTシャツで裸足だし、とてもインスタ映えするような食事とは言えないし(逆に映えるかも?)、病院もない。でもみんな不幸そうには見えませんでした。生きていくうえでの悩みは当然あると思うけれど(体調が悪いとか、食べ物が手に入らないとか)、リトルブラックドレスは必ず持つべき服なのね!買わなきゃ!!、なんて多分全然思ってない。世界はわたしたちが住んでいるところよりもずっとシンプルでわかりやすい。

足りないものを数えて不満に思ったり、生きるのを複雑にしているのはきっとわたしたち自身なのだろうな。今いる世界で完全に彼らのようにシンプルに生きるのは難しいと思うけれど(入ってくる情報量が格段に違うので)、もっと楽になれる手段はあるのではないだろうか。

旦那さんとげらげら笑って楽しい秋の夜を過ごすはずが、ものすごく真剣に、最後は息するのも忘れて真顔で画面を見つめてしまいました。