ちょうどいい毎日をさがす日記

なんだか停滞してるな、他人と比べては落ち込んでばかりだな、ともやもやした空気が立ち込めてた2015年。それを変えようとまずは暮らしをシンプルに整えようと取り組んだ2016年。なんとか現状を変えようと、ちょうどいい毎日、を模索する34歳のブログ。

持っている服の枚数へのこだわりがなくなった

服の整理を始めたころ、枚数を減らすことがとても魅力的に思えました。
枚数を1枚減らすごとに身軽になれる気がしたし、自分の憧れている生活に近づける気がしてた。

でも、気に入った服だけを持つようになると(それはつまりこういう色もいいかもって思って、はやりに流されて買ったり、たまには短いスカートを履いて女っぷりあげるチャレンジでもしようかしらと思いついて買ったりすることがなくなること)数はあまり気にならなくなりました。
例えば、本当に大好きな無印良品のジャパンデニムは家(+近所)用と外出用でまったく同じものを2枚持っているし。
そんなに気に入っている服を、ぎゅうぎゅうにつまったクローゼットに押し込むのは嫌だから、必然的に数を整理する必要が出てくるし。数よりも、活用していない服がないかのほうが気になるようになりました。

全部をフル活用できていれば、そもそもそんなに枚数が必要ない、ということになるのですよね。

そういえば最近、ちょっと考え方が変わったんだなぁ、とふと気づきました。